Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

GitHub、チーム単位のディスカッション機能を追加

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/11/22 15:05

 米GitHubは、同社が運営するソフトウェア開発プロジェクト共有サービス「GitHub」に、チーム単位でのディスカッション機能を11月20日(現地時間)に追加した。

 チーム単位のディスカッション機能では、それぞれの会話にホームとURLを追加することで、長時間の会話によって埋もれてしまいがちな、話題やプルリクエストの共有や参照を容易にする。

 ダッシュボード右のサイドバーにある「Your teams」から、ディスカッションを行いたいチームをクリックすることによって、新しいディスカッションを始めたり、既存のディスカッションに参加したりできる。

 ディスカッションへの投稿は、デフォルトですべてのGitHub参加者から閲覧可能になっており(Public)、チームメンバーのみが閲覧・返信できるようにするには、投稿を「Private」に設定する必要がある。

 チームをネスト化している場合は、通知が親チームから子チームへと受け渡される。また、それぞれのディスカッションは、随時「Watching」「Not Watching」「Ignoring」を設定可能となっている。

 チーム単位のディスカッション機能は、GitHub API v3とv4、およびGitHub Enterpriseで利用できる。


【関連リンク】
GitHub(英語)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5