Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

企業文化まで変えたDevOps発想の働き方改革ツール、スムーズな導入の鍵とは?【デブサミ2018】

【16-D-2】NRIの働き方改革 - 開発スタイルから文化まで変えた軌跡

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/03/12 14:00

 現在、世を挙げて「働き方改革」が叫ばれている。この成否に関わる要因の一つがコミュニケーションだ。だがほとんどの企業は会議やメール対応に多大な時間を取られ、本質的なビジネスに関わるコミュニケーションは思うように進んでいない。野村総合研究所(NRI)では、2022年に向けた長期経営ビジョンの柱の一つである「生産革新」の実現に向けて、こうした課題にシステム開発部門による対応を進め、大きな成果を挙げつつある。ここで活用されているのが、ビジネスにおける生産性向上で定評のあるアトラシアンのツール群とNRIが独自に開発した機能やノウハウだ。これらを組み合わせた開発管理統合ツールを、これまでにNRIとパートナーあわせて9000名近くの関係者に導入。開発スタイルや社内外のコミュニケーションのあり方、企業文化を変革するとともに、そのツールを外部の顧客に販売するまでに至っている。

目次

DevOpsの改革プロセスをビジネスの世界にも積極的に応用

アトラシアン株式会社 ビジネスマネージャー 新村剛史氏
アトラシアン株式会社 ビジネスマネージャー 新村剛史氏

 初めに登壇したアトラシアンの新村氏は、自社のツールを「企業のチームのコミュニケーションおよびコラボレーションを支援し、あらゆるチームの可能性を解き放つもの」と説明する。これまでも情報共有やアジャイルなど、時代の要求に応えるさまざまなツールをリリースしてきた同社が現在重要なテーマの一つとして掲げているのが、「DevOps」だ。

 言うまでもなくDevOpsとは、開発担当者と運用担当者が連携しながら、ユーザーとデベロッパー双方の視点にもとづいて最適化されたソフトウェアやサービスの実現を目指す開発手法である。

 計画・設計から開発、運用、結果のフィードバックといった一連のサイクルの中で、開発プロジェクトに関わる全員が常に情報を発信し、参照しあうプロセスを通じて、製品はよりユーザーの要件に合致したものへと磨き上げられていく。アトラシアンでは近年、このDevOpsにおけるソフトウェア開発のPDCAサイクルを、ビジネスの世界に転用していく試みを積極的に進めているという。

DevOpsではソフトウェアのライフサイクルが繰り返し循環する

DevOpsではソフトウェアのライフサイクルが繰り返し循環する

 新村氏は、「働き方改革、すなわちこれまでのむだが多く合理性に欠けた働き方を、より賢くスマートに変えていくためには、ツールを導入するだけでは十分ではありません。私たちは、働き方やビジネスの本質、すなわち企業文化そのものを変えることがもっとも重要だと認識しています」と語る。

 ではその「企業文化の変革」のキーとなるものは何だろう。新村氏によると「異質なものを受け入れる姿勢」だという。事実、アトラシアンではここ数年、積極的にさまざまな国や文化を背景に持つ人々を社員に加えてきた。だがこれは、同社が成長期にあり、従業員を増やし続けるフェーズにあってこそ実現できたものだ。日本の多くの企業にとって、人材の流動性を高めたり、従業員規模を継続的に拡大したりすることは難しい場合もある。

 「そこで、いきなり人を変えるのではなく、企業のコラボレーションやコミュニケーションを支援するITツールを導入し、その展開を推し進めていくことが、企業文化の変革にチャレンジする上では賢明な選択肢の一つになりえます。今回のNRIのトライアルは、まさにその好例といえるでしょう」(新村氏)


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

バックナンバー

連載:【デブサミ2018】セッションレポート

もっと読む

All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5