Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

IPA、「IT人材白書2018」を発行、求められる人材の質の変容が明らかに

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/04/24 19:00

 IPA(情報処理推進機構)は、2017年度のIT人材動向調査の結果をまとめるとともに、IT人材育成施策に必要となる基礎データの収集や、IT人材の育成に関する同校や課題などをとりまとめ、「IT人材白書2018」として4月24日に発行した。税別価格は1389円。

 「IT人材白書2018」では、IT企業に対して人材の“量”に対する過不足感と、“質”に対する過不足感を尋ねた質問への回答がまとめられており、“量”に対しての「大幅に不足している」という回答は過去最多(29.5%)、“質”の不足は過去最多の2008年に次ぐ結果(29.7%)であった。

IT企業のIT人材の“量”に対する過不足感
IT企業のIT人材の“量”に対する過不足感(「IT人材白書2018」より)
IT企業のIT人材の“質”に対する不足感
IT企業のIT人材の“質”に対する不足感(「IT人材白書2018」より)

 “質”が「大幅に不足している」と回答した企業の実務者層に対して、不足している“質”を尋ねた質問では、第4次産業革命に求められる「価値創造型」と、従来の「課題解決型」ではいくつかの顕著な差が見られる。

IT企業の実務者層に求められるIT人材の“質”
IT企業の実務者層に求められるIT人材の“質”(「IT人材白書2018」より)

 なお、企業文化・風土において「社内の風通しが良い」「社内の風通しが良い」といった傾向にあるIT企業では、“質”の不足感が緩和されている。それに対して、企業文化・風土と“量”の不足感との関係性は明確ではない。

IT企業の企業文化・風土の回答別に点数化
IT企業の企業文化・風土の回答別に点数化(「IT人材白書2018」より)

 さらに、企業文化・風土を醸成させるには、費用補助や学ぶ場と機会の提供など自己啓発支援や、年齢や勤続年数に依らない抜擢など実力に応じた待遇、組織や部門を超えた社内交流の活性化、努力やスキル向上、成果などを称える表彰といった、モチベーション向上のための施策が有効であることが述べられている。


【関連リンク】
IPA(情報処理推進機構)
「IT人材白書2018」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5