Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

IDCフロンティア、クラウド型マネージドデータベース「IDCFクラウド RDB」を提供

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/05/31 16:11

 IDCフロンティアは、クラウド型マネージドデータベース「IDCFクラウド RDB」の提供を、6月28日に開始する。

 「IDCFクラウド RDB」は、クラウド型ながら高性能と安定利用を両立させる設計思想のリレーショナルデータベース。ストレージへのオールフラッシュの採用による高速なデータ読み書きと、物理ホストを分離したアクティブ/スタンバイの冗長構成が可能で、データベースの自動バックアップや、機器の障害時に自動で切り替わるフェイルオーバー機能を備えている。

 クライアントとデータベースを同一ゾーン内に配置できるため、0.2msの高速応答を実現しており、ゾーン内だけでなくマルチゾーンやマルチリージョン冗長にも対応する。

IDCFクラウド RDB
「IDCFクラウド RDB」の構成
画面イメージ
「IDCFクラウド RDB」の画面イメージ

 データベース管理システムには「MySQL Community Edition 5.7」を採用し、タイムゾーンはJST、文字コードはutf8mb4。提供地域は東日本リージョン1、東日本リージョン2、西日本リージョン。

 利用プランは、仮想CPU×1、メモリ1GB、1時間あたりの従量料金1円、月額上限料金500円の「Light.S1」、仮想CPU×1、メモリ4GB、1時間あたりの従量料金17円、月額上限料金8500円の「Standard.S4」など、多数を用意している。

 データディスクは、1時間あたりの従量料金が1GBあたり0.04円、月額上限料金が1GBあたり20円。

 バックアップの1時間あたりの従量料金は、月間平均使用量が50GB未満なら無料、月間平均使用量が50GB以上なら1GBあたり7.8円。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5