Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「Tableau 2018.2」がリリース、拡張APIを用いた機能拡張が可能に

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/08/08 12:40

 米Tableau Softwareは、データ視覚化ツールの最新版「Tableau 2018.2」を、8月7日にリリースした。

 「Tableau 2018.2」では、新たに拡張APIが導入され、ユーザーがダッシュボードにサードパーティの機能を直接ドラッグ&ドロップして追加できる。また、拡張APIを使用してユーザーが独自の拡張機能を構築することも可能となっている。

 新たに開設された「Extension Gallery」では、パートナーが作成したさまざまな拡張機能が紹介されているほか、開発者向けページでは拡張APIについての情報を確認できる。

 また、インクリメント・ピーとのパートナーシップによって、日本の7桁の郵便番号のジオコーディング機能が追加されており、郵便番号が表す地点情報を自動的に地図上にマッピング可能になり、地理データをさらに詳細に分析できるようになった。また、郵便番号の最初の3桁が表す、最新の市区町村のデータも利用可能となっている。

 郵便番号のジオコーディング機能によって、日本全国14万を超える地点を視覚化できるようになり、ダッシュボードに盛り込める情報量がさらに豊富になったほか、日本のビジュアル分析プラットフォームとしてもっとも詳細なマッピング機能を実現した。また、政令指定都市における区のジオコーディングにも対応している。

 ほかにも、Tableau Serverの管理をより容易にする「Tableauサービスマネージャー(TSM)」が追加された。「Tableau サービスマネージャー」は、WindowsとLinuxに対応しており、サーバの再起動なしで複数のTableau Serverの設定更新が可能となっており、Web UI、コマンドライン、パブリックREST APIからTableau Serverを管理できる。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5