CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

グレープシティ、Excelライクなスプレッドシート&グリッドを収録したJavaScriptライブラリの新バージョン「SpreadJS V11J」を発売、Excel互換のチャートやコンテキストメニューに対応

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/08/29 14:45

 グレープシティは、Webアプリケーションのさまざまなデータ表示に対応するExcelライクなスプレッドシート&グリッドを収録したJavaScriptライブラリ「SpreadJS V11J」を、8月29日に発売した。税込の初回費用は、1開発ライセンスが162000円、1配布ライセンス(1ドメイン)が648000円。2年目以降のリニューアル(更新)ライセンスは、開発ライセンス/配布ライセンスともに162000円。

SpreadJS V11J
SpreadJS V11J

 「SpreadJS V11J」では、新機能として縦棒、横棒、折れ線、面、株式、散布図、円、複合の8種類のExcel互換チャート表示に対応しており、Webアプリケーション上で自由に移動やリサイズが可能なチャートを、スプレッドシート上に配置できる。また、チャートを含むExcelファイルのインポート&エクスポートにも対応している。

 さらに、スプレッドシートのデフォルト機能として、シート上で右クリックすることで表示されるコンテキストメニューを搭載したほか、TEXTJOIN関数やIFS関数などExcel 2013~2016で追加された62種の数式や、列データのツリー表示機能、セル結合を容易に実行可能な「ドラッグマージ」が追加された。

 ほかにも、条件フィルタの追加やリストの階層化表示といったフィルタ機能の強化、斜線/縦書き/二重下線などセル機能の強化、React/Vue.jsのサポートやnpmによるSpread.Sheetsライブラリインストールのサポートを含む開発環境の強化が行われている。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5