Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

CData Software Japan、データ連携を支援するライブラリ製品「CData Drivers 2018」をリリース

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/09/20 19:17

 CData Software Japanは、Salesforce、Dynamics 365、Google BigQuery、kintoneといったクラウドサービス(SaaS)およびアプリケーション、NoSQL、フラットファイルといったデータを仮想RDB化し、ODBC、JDBC、ADO.NETなどの標準インターフェースによるアクセスを可能にするライブラリ製品「CData Drivers 2018」を、9月20日にリリースした。

 「CData Drivers 2018」では、Amazon Athena/Redshift、Concur、Zendesk、Slackなどデータソースを大幅に追加したほか、CSV Driversの機能強化、Xamarinでのドライバ利用が提供されている。

新規追加ドライバ
「CData Drivers 2018」で新たに追加されたドライバ

 CSV Driversの機能強化では、AWS S3、Box、Google Drive、SharePoint、Dropbox内のCSVファイルを直接データとして操作する機能を追加するとともに、同一フォルダ内の複数のCSVファイルを1つのデータセットとして操作できるようになった。

CSV Driversの機能強化
CSV Driversの機能も強化された

 さらに、ADO.NET Data Providerの.NET Core 2.0への対応によって、Xamarinからのプロバイダ利用が可能になったほか、Azure Data FactoryでCData SSIS Componentsをデプロイできるようになっている。また、JSON/XMLといったスキーマレスなデータを、RDBのようにモデル化・スキーマ付与する機能の強化や、Excel Add-Inにおける条件フィルタの設定がGUIから利用可能になった。

GUIによる条件フィルタ設定
Excel Add-Inでの条件フィルタ設定がGUIから利用可能に

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5