Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「楽天テクノロジー&イノベーションアワード2019」の受賞者が決定

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/10/23 14:31

 楽天は、先進的なテクノロジーによって社会にイノベーションをもたらした個人または組織を表彰する「楽天テクノロジー&イノベーションアワード2019」の受賞者を、10月21日に発表した。

 今回で12回目の開催となる「楽天テクノロジー&イノベーションアワード2019」は、「Leaders For The Future」をテーマに「金賞」「銀賞」「Leadership賞」「Future Technology賞」を授与する。表彰式は、同社が11月9日に開催する「楽天テクノロジーカンファレンス2019」にて行われる。

 「金賞」と「銀賞」は、各業界または分野において、技術を通じて社会の進化を促進した個人または組織を対象にしている。

 「金賞」に選ばれたのはAnyTechで、同社が開発した水質を分析するディープラーニングテクノロジー「DeepLiquid(ディープリキッド)」によって、革新的なテクノロジーをもたらすとともに、環境問題への関心をもたらした功績が評価された。

 「銀賞」は「AIの民主化」を標ぼうするNPOのMachine Learning Tokyoで、毎月のワークショップや勉強会の開催、Hackerfarmと共同開発した天吊りロボットを通じた農家の支援などが受賞理由となっている。

 「Leadership賞」は、強いビジョンを持ち、各業界や分野でそれぞれの目標を成功に導く個人や組織を対象にしており、今回は日本のQA(品質保証)コミュニティのリーダーであり、著名なシステムテスト自動化のエンジニアで、「日本Selenium ユーザーコミュニティー」を主催し、AIテストツール「Magic Pod」の開発者でもある、TRIDENTの伊藤望氏に贈られる。

 「Future Technology賞」は、各業界や社会に影響を与える可能性がある最先端の技術や研究に取り組む個人または組織を対象にしており、今回はライフサイエンス、医学研究における画像解析および処理技術でヘルスケア業界の次世代を牽引するエルピクセルが受賞した。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5