CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

商用利用可能なディープラーニングフレームワークのOSSプロジェクト、開始

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/05/13 08:00

 Geek Guildは、TensorFlowやPyTorchのラッパーであり、独自アルゴリズムを提供するライブラリとしての機能も備える「SmallTrain(スモールトレイン)」のオープンソースプロジェクトを開始した。

 「SmallTrain」は、最先端AIアルゴリズムを搭載した商用利用可能なAIモデルを無料で作成でき、スモールデータに対応した学習済みモデルとして利用することで、工数の大幅な削減を可能にする。また、TensorFlowとPyTorchのラッパーとして独自アルゴリズムを提供する、ライブラリ機能も順次搭載していく。

 「SmallTrain」のオープンソースプロジェクトは、AI開発にデータサイエンスの素養と高度なプログラミング能力が求められる一方で、オープンソースの学習済みモデルにはサービス運用に耐えうるクオリティのものが存在しないことから、同社が自社開発してきたAIモデルのソースコードを公開し、サービス開発のために広く使ってもらうことを目的としている。

 同プロジェクトでは、登録ユーザーを対象に限定公開し、実際に「SmallTrain 0.1.2」で構築した学習済みモデルを商用利用してもらう。登録ユーザーに、「SmallTrain」によって商用利用に耐えうる高精度の学習済みモデルが簡単に構築できることを体感してもらうとともに、ソースコードの改善にコントリビュートしてもらう。

 オープンソースプロジェクトへの参加にあたっては、リモートで作業できる環境が整っており(GitLabを利用)、オープンソースソフトウェアのプロジェクトへのコントリビュート経験やAIモデルの構築経験が求められる。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5