CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

継続的デリバリーシステム「PipeCD」登場、Kubernetesを含む多様なアプリケーションに対応

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/10/14 13:00

 宣言型Kubernetes、サーバレス、インフラストラクチャアプリケーション向けの継続的デリバリーシステム「PipeCD」が、10月6日(現地時間)にリリースされた。

 PipeCDは、近年クラウドサービスの提供するオプションが多様化する一方で、すべてのチームに対応する堅牢なCDシステムが不足している現状を受けて、開発者のエクスペリエンスを向上させるべく、さまざまな種類のアプリケーションに統合されたインターフェースを提供する、新たなCDシステムとして開発されている。

 PipeCDには、アプリケーションで何が起こっているかを確認できるデプロイメントパイプラインUI、個々のデプロイメントごとに用意された個別のログビューアを搭載しており、アプリケーションのコンポーネントおよび状態のリアルタイムでの可視化や、SlackおよびWebhookエンドポイントへのデプロイ通知、配信パフォーマンスの表示に対応する。サービスの状態全体がGit経由で管理されるので、クラスタの状態とGitから提供される監査ログを表示できる。

 メトリックやログ、発行されたリクエストに基づく自動展開分析、分析またはパイプラインステージが失敗した際の自動ロールバック、構成ドリフトの自動検知による変更の通知およびレンダリング、新たなコンテナイメージの自動監視および検出が可能で、シングルサインオンとロールベースのアクセス制御をサポートし、資格情報はクラスタ外部に公開されず、コントロールプレーンに保存されないなど、安全性にも配慮されている。

 ほかにも、コントロールプレーンとパイプを分離することで、マルチクラスタ、マルチテナントの操作を容易にしており、Prometheus、Datadog、Stackdriverなど複数の分析プロバイダ、およびKubernetes、Terraform、Cloud Run、AWS Lambdaといったマルチクラウドでの複数のアプリケーションをサポートする。

 現時点では機能の多くがアルファ版だが、数か月以内に安定版のリリースを予定している。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5