CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

キヤノンITS、ローコード開発プラットフォーム「WebPerformer」最新版の販売を開始

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/01/28 08:00

 キヤノンITソリューションズは、ローコード開発プラットフォーム「WebPerformer V2.5」の販売を、1月25日に開始した。税別価格は、ユーザーライセンスが360万円から、SI開発ライセンスが150万円から。

 「WebPerformer」は、同社が培った自動化技術によって、ローコード開発を実現するプラットフォーム。

 今回、販売を開始した「WebPerformer V2.5」では、開発適用範囲を拡大し、システムを利用するビジネス部門と開発部門との「共創型開発」を促進させる機能を強化した。

 さらに、SPA(Single Page Application)に対応するとともに、Googleが提唱するマテリアルデザインに準拠したWebアプリケーションの自動生成に対応し、WebシステムのUI/UXを向上している。

 そのほか、開発時の技術的な不明点や疑問などを、開発画面から自然言語で直接問い合わせることができるようになり、同社のR&D本部が培ってきたAI技術「順位学習」を組み込んだ高精度な類似検索によって、すばやく適切な回答を選択・提供する。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5