CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

AWSのアジアパシフィック(大阪)リージョンが開設、ローカルリージョンから拡張

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/03/02 17:45

 米Amazon Web Servicesは、2018年に開設した大阪ローカルリージョンを、3つのアベイラビリティゾーンを備えた標準AWSリージョンへ拡張したことを、3月1日(現地時間)に発表した。

 アジアパシフィック(大阪)リージョンは、他のAWSリージョンと同様に、アベイラビリティゾーンが物理的な冗長性を提供できるよう設計されており、停電やインターネットのダウン、洪水、その他の自然災害に耐えられるようになっている。

 インスタンスは、C5、C5d、D2、I3、I3en、M5、M5d、R5d、T3に、オンデマンド/スポット/リザーブインスタンスで対応しており、X1およびX1eインスタンスは単一のアベイラビリティゾーンで使える。

 また、日本のユーザーにとっては、東京における16のCloudFrontエッジロケーションおよび1つのCloudFrontリージョナルエッジキャッシュ、2つのAWS Direct Connectロケーション、大阪における1つのCloudFrontエッジロケーション、および1つのDirect Connectロケーションとして利用可能になる、というメリットがある。

 大阪リージョンから、他の都市への平均的なレイテンシは、名古屋が2~5ms、広島が2~5ms、東京が5~8ms、福岡が11~13ms、仙台が12~15ms、札幌が14~17ms。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5