Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Javaアプリを高速化・最適化する開発ツールの新版発売

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007/05/31 14:22

エクセルソフトは本日、Javaアプリケーションを高速化・最適化する開発ツールの新バージョン「Excelsior JET 5.0」を、6月1日から日本で販売開始することを発表した。

 エクセルソフトは本日、Javaアプリケーションを高速化・最適化する開発ツールの新バージョン「Excelsior JET 5.0」を、6月1日から日本で販売開始することを発表した。

 Excelsior JET 5.0は、JavaのクラスファイルをWindows版ではEXEおよびDLLファイルに、Linux版では実行ファイルおよび共有オブジェクトに変換することで高速化を実現。変換されたネイティブコード実行ファイルはJavaのクラスファイルよりも高速に動作し、Java Runtime Environmentも不要となる。

 日本語対応のインストーラを作成できる「JetPackⅡ」が搭載されているため、作成したアプリケーションを無料で配布することも可能。

 新版では、Java Runtime Slim-Downと呼ばれる新しいデプロイ技術が採用され、ダウンロードサイズと作成するJava SE アプリケーションのディスクフットプリントが大幅に減少した他、新しいループの最適化、高速な浮動小数点演算など、パフォーマンスも向上している。サポートするバージョンは、Java SE 5.0 Update 11。

 CD版の新規購入価格は、Windows版・Linux版ともに、スタンダードエディションが183,750円(税込)、プロフェッショナルエディションが345,540円(税込)、エンタープライズエディションが668,850円(税込)。すべて英語版のみの提供で、1年間の無償アップブレードを含むスタンダードサポートが含まれている。

 詳細や無料の評価版のダウンロードに関しては、同社Webページを参照のこと。

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5