CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

DoCoMo、「送信ドメイン認証」を用いたなりすましメール対策機能導入

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007/09/12 11:11

DoCoMoは11月より「送信ドメイン認証」(Sender ID/SPF)による、なりすましメール対策機能を提供すると発表した。ただし、場合によっては迷惑メールでないものも受信できないおそれがある。

 DoCoMoは11月より「送信ドメイン認証」(Sender ID/SPF)による、なりすましメール対策機能を提供すると発表した。ただし、場合によっては迷惑メールでないものも受信できないおそれがある。

サービスイメージ(DoCoMoの報道資料より)
サービスイメージ(DoCoMoの報道資料より)

 なりすましメールはPC等から送信される送信元情報を詐称したメールのことで、ポピュラーなドメインに偽装して送信されるため、携帯電話側でドメイン指定受信を設定していても「受信許可ドメイン」に合致してしまうことが多く、拒否することが難しい。

 今回DoCoMoが提供する「送信ドメイン認証」は、送信元のIPアドレスと、DNSサーバに登録された送信用メールサーバのIPアドレスとを比較し、合致した場合にのみメール受信するようにするもの。これによりなりすましメールを見破ることができるようになる。

 しかし、正規の事業者・企業が送信したメールであっても、DNSサーバに必要な対処を行っていない場合、受信できない可能性があることに注意したい。

 この機能は11月1日より提供され、初期設定は「OFF」(拒否しない)となっている。利用は無料。

NTTドコモ:報道発表資料 : iモードメールにおける迷惑メール対策機能の拡充について
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5