CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

【Adobe MAX Japan 2007】 ニコニコ動画がActionScript 2を採用したワケ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007/11/01 23:54

【Adobe MAX Japan 2007レポート】ニコニコ動画開発者の戀塚氏がニコニコ動画で使われているFlash技術について解説を行った。

 Adobe MAX Japan 2007のセッション「ニコニコ動画とFlash」では、ニコニコ動画開発者の戀塚氏がセッションを行った。

戀塚氏
戀塚氏

 まず始めに、ニコニコ動画がどんなWebサービスかについて「動画投稿サイトを軸にし、視聴者に支えられながら成り立っているサービス」と説明、ニコニコ動画内の文化がコメントやタグ、市場などを通じて育まれている点を解説した。

 また、Webサービスとしては常に細かいアップデートを繰り返しており、ユーザーのフィードバックを得ることで機能が洗練されてきた歴史を紹介した。

ActionScript 2.0で作られるプレイヤー

 ニコニコ動画で動画を表示するプレイヤーはActionScript 2で作られている。バージョン3を使うこともできたが、「ニコニコ動画立ち上げ当時はPC以外、例えばWiiでの再生でも使うことを想定していたため、Wiiブラウザで利用できるFlashのバージョンまで落とす必要があった。そのためActionScript 2を使っている」と説明した。

 もっとも、「その後、On2 VP6がSMILEVIDEO標準のビデオフォーマットとなったため、Flash 8以上でなければ再生できなくなってしまい、事実上Wii対応はできなくなった」とのこと。今後はActionScript 3への置き換えも検討しているが、「差し迫ってグレードアップする理由がないため、のばしのばしになっている」(戀塚氏)。

ASファイルは外部に

 実行されるActionScriptファイル(ASファイル)は、1フレームしかないswfファイルからロードされている。こうしておくと、テキストエディタによるASファイルの改修が簡単に行えるようになるという。

1フレーム目で外部ファイルを呼ぶだけ
1フレーム目で外部ファイルを呼ぶだけ

チーム開発環境はSubversion&Wiki

 ニコニコ動画は、動画関連部分、SMILEVIDEO、ニコニコ市場など、それぞれが独立して開発を進めているが、これらのソースコードはSubversionで管理され、ドキュメントはWikiベースでまとめている。また、テスト環境から本番環境へ移行する際に便利なツールなども開発しており、スムーズなサービスインができる環境を整えているという。

開発体制
開発体制
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5