CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Windows PowerShell 入門(3)-スクリプト編

PowerShellで可能なスクリプトの作成方法の習得

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/03/11 14:00

目次

スクリプトの実行結果を変数に代入する

 最後に、スクリプトファイルの実行結果を変数に代入する方法について説明します。まずは下記コードをテキストエディタで入力して「tashizan.ps1」として保存してください。

tashizan.ps1
return $args[0] + $args[1]

 tashizan.ps1では外部から受け取った2つの値を加算してreturnで返します(returnを使用することで値を返すことができます)。

 スクリプトファイルの実行結果を変数に代入するには、コンソールウィンドウで、

$result = ./tashizan.ps1 2 3

 のようにします。

 この場合は、「2」と「3」がtashizan.ps1に渡され、$args[0] + $args[1]で2つの値を加算し、加算した結果をreturnで返します。返された結果は、$result変数に代入されます。

 コンソールウィンドウで

$result

 と入力し[Enter]キーを押してみてください。代入された計算結果の「5」が出力されるはずです。

まとめ

 今回は、

  • スクリプトファイルの作成方法
  • スクリプト実行とセキュリティー
  • スクリプトのエラー修正
  • スクリプトファイルへの値の渡し方と受け取り方

 について説明しました。今回説明したことはほんの入り口にすぎないため、十分理解して次のステップへとつなげてもらえればと思います。

 次回は、スクリプトファイルを作成する上で欠かせない変数や演算子、制御構文について説明したいと思います。



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:Windows PowerShell 入門

もっと読む

著者プロフィール

  • HIRO(ヒロ)

    HIRO's.NETのHIROです。 とある半導体工場のSEです。 VB.NET, C#, PowerShellによるプログラミングを楽しんでいます。 最近はBlog でPowerShellについて書いています。 2008/07/07にPowerShell from Japan!!という...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5