CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

サン、「Java SE 6」をアップデート
新規プラグイン追加など、機能を大幅に強化

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/10/23 13:46

 サン・マイクロシステムズは21日、「Java Platform Standard Edition 6 Update 10(Java SE 6u10)」をリリースした。

 サン・マイクロシステムズは21日、「Java Platform Standard Edition 6 Update 10(Java SE 6u10)」をリリースした。Java.comよりダウンロードできる。

 Java SE 6u10では、Javaアプリケーションやアプレットの起動時間を短縮する「Java Quick Starter」や、頻繁に利用されるJREのコンポーネントのみインストールし、必要に応じて追加コンポーネントをダウンロードする「Java カーネル」が採用され、起動速度や動作速度が向上している。

 また、Webブラウザ内で実行されているJavaアプリケーションやアプレットを直接デスクトップにドラッグ&ドロップし、ウィジェットとして利用できる新しいJavaプラグインも追加され、デスクトップ上でのユーザビリティが強化されている。

 その他にも、コンピュータ上にJREの適正な最新バージョンがインストールされているかを確認する「Java Deployment Toolkit」や、クロスプラットフォームのルック&フィール「Nimbus」の搭載、グラフィックスの強化などの機能改善が行われている。

 なお、サンのJava Client Engineering部門バイスプレジデントであるジート・コール氏は今回のアップデートを、「近く予定されているJavaFX(JavaのRIAプラットフォーム)のリリースに向けた大きな一歩」としている。

 
【関連リンク】
Java.com
Java SE 6 Update 10(プレスリリース)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5