CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

GoogleがOpenIDをサポート、限定的に認証用APIの提供を開始

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/10/30 17:35

 Googleは29日、OpenIDプロバイダーとしての認証サービスを開始し、認証用のAPIを限定公開した。ユーザーは、Googleアカウントで他のWebサイトにログインできるようになる。

 Googleは29日、OpenIDプロバイダーとしての認証サービスを開始し、アカウント認証用のAPIを公開した。これにより、外部サイトにもGoogleアカウントでログインできるようになる。

 現段階ではAPIは限定公開となっており、利用するにはGoogle Federated Loginグループから必要情報をフォームに記入し、承認を受ける必要がある。

GoogleのOpenID認証プロセスの概念図(※Account Authentication APIより転載)
GoogleのOpenID認証プロセスの概念図(※Account Authentication APIより転載)

 既にオンラインオフィスサービス「Zoho.com」では、Googleアカウントでログインできるようになっている。ログインにGoogleアカウントを利用する場合は、一旦Googleの確認用ページに遷移する仕組みになっている。

zohoのログインフォーム。早速「G」マークが付いている
zohoのログインフォーム。早速「G」マークが付いている

 なお、現在はOpenID 2.0プロトコルのみのサポートだが、将来的にはOAuthとOpenIDプロトコルを統合する方向で研究を進めているという。

 
【関連リンク】
Account Authentication API
Google Federated Login APIグループ
Google moves towards single sign-on with OpenID:Google Code Blog

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5