CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Google App Engine for Javaを使ってみよう!
(3)Google Accounts Java API

Google App Engine for Javaを使ってみよう! (3)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/04/28 14:00

目次

認証をGoogle App Engineで動かしてみる

 プログラムのGoogle App Engineへデプロイする方法と、サービスが設置されるURLは第1回の解説を参照してください。

 Google App Engineにサービスをデプロイできたら、ブラウザでGoogle App Engine上のアプリケーションにアクセスします。ローカルテストの時と同じように、[GAccountTestServlet]をクリックします。

 [login]をクリックします。

 すると、今度は「Google Accounts」の認証ページに飛ばれたことを確認できます。

メールアドレスの記憶

 GMailなど他のGoogle Accountsを利用するサービスの認証ページで、パスワード入力時に[次回から入力を省略する](英語だと[Remember me on this computer.])にチェックを入れて、毎回パスワードを聞かれないように設定されている方は、Emailの入力ボックスが変更できないようになっています。別のアカウントでログインしたい場合には、[Sign in as a different user]をクリックしてください。

 このようになっていればOKです。nicknameには、メールアドレスの@より前の部分が表示されていると思います。また、サービスを設置しているGoogle App Engineのアカウントを申請したのと同じアカウントでログインしたのであれば、管理者になるので、「isAdmin:true」と表示されます。

 一般ユーザでログインするには、Google App Engineのアカウントを申請したアカウントとは別のアカウントで認証を受ける必要があります。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:Google App Engine for Javaを使ってみよう!

もっと読む

著者プロフィール

  • 山下 大介(ヤマシタ ダイスケ)

      京都大学を中心とした、産官学共同プロジェクトのSOBAプロジェクトに参加後、同プロジェクトで開発したP2P配信によるVoIP技術を2005年に商業化。オープンソース、VoIP、P2P、クラウドコンピューティングに精通。趣味はGoogleの追っかけ。現在は、株式会社SOBAプロ...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5