CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Google App Engine for Javaを使ってみよう!
(3)Google Accounts Java API

Google App Engine for Javaを使ってみよう! (3)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/04/28 14:00

目次

管理者を追加してみる

 Google App Engineのアカウントを申請したアカウント(自分)以外のユーザを管理者に追加したい場合があると思います。

 その場合、まず管理者に追加したいユーザと連絡の取れるメールアドレス(GMailでなくてもよい)を事前に知っている必要があります。

 Google App EngineのAdmin Consoleにログインして、管理者を追加したいサービスのアプリケーション名をクリックします。左の[Administration]-[Developers]をクリックすると表示されるページで、[Invite a Developer to Collaborate on this Application]の下にある入力ボックスに管理者として招待したいユーザのメールアドレスを入力し、[Invite]をクリックします。

 以下のように[An email was sent to xxxxx@gmail.com for verification.]と表示されれば、相手に招待メールが送信されます(招待メールは、google.comドメインから送られます)。

管理者に招待された側の操作

注意

 テストでこの作業を行う場合は、作業前に前の章でデプロイしたアプリケーションにログインして、一般ユーザであること([isAdmin:false]になっていること)を確認しておくと良いです。

 管理者に招待されたユーザには、招待メールが届きますのでメール本文に含まれるURLをクリックします。

 招待されたユーザは自分のGoogle Accountsのアカウントでログインします。Google Accountsにアカウントが無い場合、右の[Create an account now]からアカウントを作成できます。

 [Accept]をクリックします。

利用規約の承諾

 Google App Engineを初めて利用するアカウントの場合、以下のように利用規約が表示されますので、利用規約に承諾できたら[I accept these terms.]にチェックを入れ、[Accept]をクリックします。

 以下のようなページが表示されたら、登録完了です。

 管理者になっていることを確認するために、先ほどの章でデプロイしたサービスにアクセスして、このユーザでログインして下さい。以下のように、[isAdmin:true]と表示され管理者になっていることが分かります。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:Google App Engine for Javaを使ってみよう!

もっと読む

著者プロフィール

  • 山下 大介(ヤマシタ ダイスケ)

      京都大学を中心とした、産官学共同プロジェクトのSOBAプロジェクトに参加後、同プロジェクトで開発したP2P配信によるVoIP技術を2005年に商業化。オープンソース、VoIP、P2P、クラウドコンピューティングに精通。趣味はGoogleの追っかけ。現在は、株式会社SOBAプロ...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5