Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Spring FrameworkとCurl ORBを用いたアプリケーション開発
サンプルアプリケーションを動かしてみよう

第1回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/04/27 14:00

 Curl ORBは、CurlからPOJO(Plain Old Java Object)で作成されたサービスをコールするツールで、データ通信にバイナリフォーマットを採用しているため、高速なデータ通信が可能となります。CurlとサーバサイドJavaとの連携が容易に実現できるため開発効率が大幅に向上します。このCurl ORBを利用して、Spring Frameworkと連携したアプリケーション開発方法を説明していきます。

目次

はじめに

 Curl ORBは、CurlからPOJO(Plain Old Java Object)で作成されたサービスをコールするツールで、データ通信にバイナリフォーマットを採用しているため、高速なデータ通信が可能となります。CurlとサーバサイドJavaとの連携が容易に実現できるため開発効率が大幅に向上します。このCurl ORBを利用して、Spring Frameworkと連携したアプリケーション開発方法を説明していきます。

ダウンロード

 まずは、サンプルコードを用いて、Curl ORBの動作を見ていただき、そのコードの説明をしたいと思います。

開発ツールのダウンロードおよびセットアップ

 以下のツールをダウンロードし、インストールします。

Curl ORBとサンプルコードのダウンロード

 以下のモジュールをダウンロードします。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 岡田 一志(オカダ ヒトシ)

    大企業向けSI開発、IT基盤設計/構築やiDC設立プロジェクトの企画/開発/運用など幅広く活躍し、2006年にCurlに参画する。米Curl社(マサチューセッツ)にてCurl Core RTEの設計・開発に従事した後、現在は株式会社カールにて、Innovation Centerのオペレーションおよび...

バックナンバー

連載:Spring FrameworkとCurl ORBを用いたアプリケーション開発
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5