Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Spring FrameworkとCurl ORBを用いたアプリケーション開発
ユーザ認証とアクセス制御

第3回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/05/26 14:00

 前回まで、Curl ORBを用いたJavaサービスへのアクセス方法について、いろいろと説明してきました。今回は、ほとんどのエンタープライズ・アプリケーションに必要な認証とアクセス制御の実装方法について説明したいと思います。

目次

はじめに

 前回まで、Curl ORBを用いたJavaサービスへのアクセス方法について、いろいろと説明してきました。今回は、ほとんどのエンタープライズ・アプリケーションに必要な認証とアクセス制御の実装方法について説明したいと思います。

これまでの記事

概要

 多くの認証とアクセス制御は以下のような仕組みになると考えられます。

 ログインサービスでログイン認証を行い、ログイン成功であれば、サービスA、B、Cにアクセスできるようになります。もし、ログインしていない場合やログイン失敗した場合は、サービスA、B、Cにアクセスできないようになります。これをSpring Frameworkと組み合わせて、実現する方法を説明していきたいと思います。

 まず、以下の3つのライブラリ(jarファイル)をダウンロードして、Curl ORBのサーバサイドに追加してください(前回までの記事で追加されたものは既に追加されてあるものとします)。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 岡田 一志(オカダ ヒトシ)

    大企業向けSI開発、IT基盤設計/構築やiDC設立プロジェクトの企画/開発/運用など幅広く活躍し、2006年にCurlに参画する。米Curl社(マサチューセッツ)にてCurl Core RTEの設計・開発に従事した後、現在は株式会社カールにて、Innovation Centerのオペレーションおよび...

バックナンバー

連載:Spring FrameworkとCurl ORBを用いたアプリケーション開発
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5