Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

書籍『プログラミング言語AWK』3回目の復刊
USP出版より発売

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/02/08 11:25

 1970年代から利用されているスクリプト言語の元祖「AWK(オーク)」の解説書で、プログラミング教科書の古典と言える書籍『プログラミング言語AWK』が、USP出版から復刊された。

公式サイトより購入できる。本書はこれまで何度か絶版になっており、そのたびにAWKファンの根強いリクエストにより復刊されてきた。

 AWKは、フィールド指向のテキスト処理スクリプト言語。ベル研究所におけるUNIX開発の過程で誕生し、開発者のアルフレッド・エイホ(Alfred V.Aho)、ペーター・ワインバーガ(Peter J.Weinberger)、ブライアン・カーニハン(Brian W.Kernighan)の頭文字から「AWK」と名づけられた。カーニハンはC言語の開発者としても知られている。

 『プログラミング言語AWK』の原書『The AWK Programming Language』は、開発者自身3名による共著として1988年にAddison-Wesleyから刊行され、日本語訳は翌1989年にトッパンから刊行された。その後いったん絶版となり、シイエム・シイ、新紀元社と版元を変えて復刊されてきたが、昨年春から再び絶版状態となっていた。なお、原書は刊行から22年経った現在でもAddison-Wesleyから販売されている。

 
【関連リンク】
『The AWK Programming Language』
『プログラミング言語AWK』
USP出版:ユニバーサル・シェル・プログラミング研究所

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5