CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

アカマイ、クラウドベースのセキュリティソリューションを提供開始

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/03/05 14:50

 アカマイは4日、クラウドベースのセキュリティソリューション「アカマイ・クラウド・セキュリティ・スイート」の提供を開始した。

全世界のトラフィックの20%を捌いているといわれる、同社のネットワークインフラのノウハウを集大成したソリューションだ。主なユースケースにDDoS(分散サービス停止攻撃)からの保護と、事業継続性の堅牢化の2つを挙げている。

 アカマイは、Webコンテンツを効率的に配信する「コンテンツデリバリネットワーク(CDN)」を手がける最大手。主な特徴として、世界70か国のISPに61,000台以上のサーバーを配置し、コンテンツ配信元のWebサーバー(オリジンサーバー)の処理を肩代わりすることで、エンドユーザーに近いエッジの部分で負荷分散する、分散コンピューティング環境「EdgePlatform」を提供している。

 ミドルマイル(異なるネットワーク間接続)の通信を最適化するため、インターネットをリアルタイムで監視しており、その成果は四半期毎にホワイトペーパー「インターネットの現状」として公開されている。

 米アカマイ・テクノロジーズ 技術開発担当 上級副社長のハラルド・プロコップ氏は、最近のサイバー攻撃の傾向として「日本は端末の普及数に比べ、攻撃の踏み台にされる割合は少ないが、今の段階ではという状況。ボットネットワークは撲滅が困難。統計データをみると、状況の悪化はあっても改善はない」と危機感を示した。日本の平均消費帯域は韓国に続いて2位であり、「ブロードバンドの普及による消費帯域の増大と、デバイス能力の向上は、攻撃を激化させる可能性がある」とセキュリティ対策への意識向上も促す。

米アカマイ・テクノロジーズ 技術開発担当 上級副社長 ハラルド・プロコップ氏
米アカマイ・テクノロジーズ 技術開発担当 上級副社長 ハラルド・プロコップ氏

 また、オンラインでのビデオ配信と、DDoS攻撃への耐性の類似点として、どちらも分散させて発生源の近くでの対処することが有効なことを示し、2009年のオバマ大統領就任式の中継で1Tbpsを越すトラフィックを支えた実績のあるアカマイのプラットフォームの可用性を強調した。

 クラウド利用においてCIOが最も懸念する点はセキュリティであるが、アカマイ株式会社 技術本部長 新村信氏は、「開発の複雑化・短期化によって十分なコードレビューが行えず、現実的にはWebアプリケーションファイアウォール(WAF)での対応が少なくない。従来型のデータセンター内での対処だけでは可用性に不安があるが、一般的なセキュリティ脅威をアカマイのサーバーがインターネットのエッジで止めてしまえば、その負担が軽減される」とコンセプトを説明した。「脅威はネットワーク上に分散しているので、防御も分散させる必要がある。クラウドベースのセキュリティ機構がクラウドを守れる」と、今回のソリューションの優位性を語った。

 
【関連リンク】
アカマイのセキュリティ・ソリューション
インターネットの現状

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5