Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

日本仕様の入力フォームを持ったSilverlightアプリケーションを作成しよう~InputMan for SliverlightでWebアプリを強化する

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/12/28 14:00

ダウンロード サンプルソース (1.0 MB)

 SilverlightはWebだけでなくOut Of Brower(OOB)によるローカル実行、Windows Phone 7上での実行などマイクロソフトのクロスプラットフォーム戦略の中核を担っている技術です。そんなSilverlightの適用範囲をさらに広げる可能性を秘めたコンポーネントが、今回紹介するInputMan for Silverlight 1.0Jです。Silverlightの日本語入力周りがInputManにより強化されることで本格的に日本の業務アプリもSilverlightにシフトし始めるかも知れません。

目次

Silverlightの適用範囲をさらに広げるコンポーネント

 SilverlightはWebだけでなくOut Of Brower(OOB)によるローカル実行、Windows Phone 7上での実行などマイクロソフトのクロスプラットフォーム戦略の中核を担っている技術です。

 そんなSilverlightの適用範囲をさらに広げる可能性を秘めたコンポーネントが、今回紹介するInputMan for Silverlight 1.0Jです。グレープシティの人気コンポーネントであるInputManが、Silverlight上で使えるというだけでワクワクした気持ちになってくるのですが、比較的弱いといわれているSilverlightの日本語入力周りがInputManにより強化されることで、本格的に日本の業務アプリもSilverlightにシフトし始めるかもしれません。

表1 InputMan for Silverlight 1.0Jに収録されているコンポーネント
コントロール名 コンポーネント名 説明
テキスト GcTextBox 入力文字種制限が可能なテキスト入力コントロール
マスク GcMask 郵便番号などの特定書式指定が可能な入力コントロール
日付 GcDateTime 日付と時刻の入力に特化した入力コントロール
数値 GcNumber 数値入力を細かく制御できる入力コントロール
カレンダー GcDropDownCalendar スタイルを自由にカスタマイズできる入力コントロール
電卓 GcDropDownCalculator 四則演算とメモリ機能を備えた電卓入力コントロール
検証インジケータ GcValidationIndicator 入力値の検証違反を通知するコントロール
ふりがな取得 GcImeManager ふりがな取得機能を備えたコンポーネント

InputMan for Silverlightを使うための前準備

 InputMan for Silvelightを動作させるための開発環境構成は、「Visual Studio 2010日本語版」+「Silverlight 4 Tools for Visual Studio」という組み合わせになります。Silverlight 4 Tools for Visual StudioはMicorsoftのダウンロードセンターからダウンロードできます。

 運用時のブラウザ環境としては、Internet Explorer 6/7/8、およびFirefox 3.0/3.5/3.6が推奨されています。手元に環境がなく確認はとれていないため推測の域をでませんが、ブラウザのレンダリングに左右されるHTMLベースのWebアプリケーションではなくSilverlight 4のランタイムの中で稼働するので、Silverlight 4が動作する環境であれば他のブラウザ環境でも稼働できる可能性があります。

新規プロジェクトの作成

 [ファイル]-[新規作成]-[プロジェクト]メニューをクリックし、「新しいプロジェクト」ダイアログから「Silverlight」テンプレート内にある[Silverlightアプリケーション]テンプレートを選択します。

図1 新規プロジェクトの作成
図1 新規プロジェクトの作成

 SilverlightはASP.NET Webアプリ、ASP.NET Webサイト、ASP.NET MVCの3種類すべてに対応しているので、Silverlight以外の部分をどのような構成で作成するのかを考えて種類を選びます。今回は[Webサイト]で作成してみたいと思います。

図2 Webプロジェクトの種類
図2 Webプロジェクトの種類

 作成されるソリューションは、Silverlightプロジェクト(サンプルでは「CZ1012InputMan」プロジェクト)とSilverlightを動作させるためのテスト用ASP.NET Webサイトプロジェクト(サンプルでは「CZ1012InputMan.Web」)から構成されています。

図3 ソリューションの構成
図3 ソリューションの構成

ツールボックスへの登録

 InputMan for SilverlightをWebフォームに配置するには、ツールボックスからコントロールのアイコンをドラッグ&ドロップします。そのためには、ツールボックスにInput Man for Silverlightコンポーネントを追加しなければなりません。

 ツールボックスウィンドウで右クリックして[アイテムの選択]メニューを選び、ダイアログでコンポーネントを選択します。

図4 ツールボックスへの登録
図4 ツールボックスへの登録

 以上で準備は完了です。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 初音玲(ハツネアキラ)

     国内SIerのSEでパッケージ製品開発を主に行っており、最近は、空間認識や音声認識などを応用した製品を手掛けています。  個人的には、仕事の内容をさらに拡張したHoloLensなどのMRを中心に活動しています。  Microsoft MVP for Windows Development...

バックナンバー

連載: 現役エンジニア直伝! 「現場」で使えるコンポーネント活用術(InputMan)
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5