Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「The Power of Collaboration in Crisis」が5月31日に開催、災害時のオープンコラボレーションの可能性を探るフォーラム

「LinuxCon Japan 2011」前日に同会場で

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/05/16 15:17

 The Linux Foundationは5月31日、災害時におけるオープンコラボレーションの可能性を探るオープンフォーラム「The Power of Collaboration in Crisis」を、パシフィコ横浜で開催する。同団体が主催するカンファレンス「LinuxCon Japan 2011」(6月1日から3日)の前日、同会場での開催となる。

 東日本大震災では、オープンソースソフトウェア(OSS)技術を活用した支援サービスが早期に立ち上がり、多くの人に利用されている。このフォーラムでは、実績あるプロジェクトの成果や課題、基盤となるOSSの役割などを共有し、より多くの開発者がや復興支援のオープンなプロジェクトに参加できる機会を提供する。

 まず、sinsai.infoのベースとなったOSSの災害情報集約システムUshahidiプロジェクトから、Patrick Meier(パトリック・メイヤー)氏(Director of Crisis Mapping & Partnership)が「Changing the World, One Map at a Time」と題して講演する。

 日本からは、sinsai.infoのサブリーダーでOSMファウンデーション ジャパン代表理事の三浦広志氏が「みんなで作る震災復興プラットフォームSinsai.infoとNextステージ」と題して、また復興をIT開発から支援する「Hack for Japan」プロジェクトから山崎富美氏が講演する。

 登壇する3氏によるパネルディスカッションでは、プロジェクト共通の課題やその解決策について討議するとともに、オープンコラボレーションの可能性や、新たな災害時も含めて今後どのように取り組むべきかを、参加者全員でディスカッションする。

 パネル後の情報交換会(懇親会)では、参加募集も兼ねて、各プロジェクトや横浜市内のNPOなどによるショートプレゼンテーションも予定されている。

 参加は無料。申し込みはイベントWebページから。

 
【関連リンク】
オープン フォーラム: The Power of Collaboration in Crisis

 

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5