Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

複数のコンポーネントを活用して、手軽にWPFの表現力を手に入れよう

~「FlexGrid for WPF」と「InputMan for WPF」の連携~

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/12/26 14:00

ダウンロード サンプルソース (43.2 KB)

 この記事では、グレープシティが提供するデータグリッドコンポーネント「FlexGrid for WPF」と入力支援コンポーネント「InputMan for WPF」の連携をテーマに取り上げます。WPFの表現力を市販のコンポーネントでいかに簡単に効率よく実装できるか、サンプルに沿って見て行きましょう。

目次

はじめに

 Windows Presentation Foundation (以下、WPF)はWindowsアプリケーションに豊かな表現力を付与する技術というだけではなく、画面デザイン部分とロジック部分を分けて記述できる技術という側面もあります。そのため、WPF標準コンポーネントで作成した画面を市販コンポーネントに置き換えるようなことも、今までのWindowsフォームよりも行いやすくなっています。

 そこで、WPF標準コントロールをFlexGrid for WPFInputMan for WPFに置き換えたXAML定義に変更し、どのような機能がどれくらい簡単に実装できるのか、確認してみたいと思います。

WPF標準コントロールサンプル

 今回は、WPF標準コントロールのTextBoxListBoxを活用し、Twitterから特定のキーワードの発言を検索して一覧表示するサンプルプログラムを作成しました。ListBoxのデザインはDataTemplateを活用しています。

WPF標準コントロールの画面例
WPF標準コントロールの画面例

画面デザインの記述

 この画面デザインのXAML定義は次のようになります。

リスト1 WPF標準コントロールのXAML定義例
<Window x:Class="MainWindow"
    xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
    xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
    xmlns:c="clr-namespace:WpfTwitterSearch.Converters"
    Title="WPF Twiter Search" Height="600" Width="515">

    <Window.Resources>
        <c:DateConverter x:Key="DateConverter" />
        <DataTemplate x:Key="ItemTemplate">
            <StackPanel Orientation="Horizontal" Margin="6,0" Width="460" >
                <Image Source="{Binding profile_image_url}" HorizontalAlignment="Left" Height="64" Width="64" Margin="0,10,10,0" VerticalAlignment="Top" />
                <StackPanel Orientation="Vertical" Width="386">
                    <Grid>
                        <Grid.ColumnDefinitions>
                            <ColumnDefinition Width="*" />
                            <ColumnDefinition Width="Auto" />
                        </Grid.ColumnDefinitions>
                        <TextBlock Text="{Binding created_at, Converter={StaticResource DateConverter}}" TextWrapping="Wrap" Grid.Column="1" TextAlignment="Right" />
                        <TextBlock Text="{Binding from_user}" TextWrapping="Wrap"  Grid.Column="0" Grid.ColumnSpan="2">
                            <TextBlock.Foreground>
                                <SolidColorBrush Color="Blue"/>
                            </TextBlock.Foreground>
                        </TextBlock>
                    </Grid>
                    <TextBlock Text="{Binding text}" TextWrapping="Wrap" />
                </StackPanel>
            </StackPanel>
        </DataTemplate>
    </Window.Resources>

    <Grid>
        <Grid.RowDefinitions>
            <RowDefinition Height="Auto" />
            <RowDefinition Height="*" />
        </Grid.RowDefinitions>
        <StackPanel x:Name="ContentPanel" Grid.Row="0" Orientation="Horizontal">
            <TextBox x:Name="Keyword_TextBox" Width="370" Margin="10,0,10,0" />
            <Button Content="検索" Click="Search_Click" Width="90" />
        </StackPanel>
        <ListBox x:Name="Result_ListBox" Grid.Row="1" ItemTemplate="{StaticResource ItemTemplate}" />
    </Grid>
</Window>

 デザインの要は<DataTemplate>から</DataTemplate>までのテンプレート領域になります。残念ながらこのテンプレートのデザインは、Visual StudioのXAMLエディタでは設計時にデザイン画面に表示されません。テンプレートのデザインをGUIで行いたい場合は、Expression Blendを使うと良いでしょう。

Expression Blendの画面例
Expression Blendの画面例

 今回のサンプルでは、WPFを使う上で必要なノウハウをもう1つ入れてあります。それがコンバータです。

 「xmlns:c="clr-namespace:WpfTwitterSearch.Converters"」でConvertersネームスペースを取り込み「<c:DateConverter x:Key="DateConverter" />」でクラスを指定して「Text="{Binding created_at, Converter={StaticResource DateConverter}}"」とバインディングしています。これで、created_atの内容をそのまま表示するのではなく、DataConverterクラスの「Convert」メソッドを呼び出した結果を表示できます。

リスト2 宣言部のコード
Implements IValueConverter
Public Function Convert(ByVal value As Object,
                        ByVal targetType As Type,
                        ByVal parameter As Object,
                        ByVal culture As System.Globalization.CultureInfo) As _
                    Object Implements IValueConverter.Convert
    Try
        Dim dateValue As String = DateTime.ParseExact(value,
                                                      "ddd, dd MMM yyyy HH:mm:ss +0000",
                                                      culture.DateTimeFormat). _
                                                  AddHours(9).ToString("MM/dd hh:mm:ss")
        Return dateValue
    Catch
        Return String.Empty
    End Try
End Function

ロジックの記述

 画面デザインができあがったら、ロジックを記述します。Twitterから特定のキーワードで発言を検索する機能を利用するには、search.twitter.comへurlパラメタとしてキーワードを設定し、呼び出しを行います。

 URLを呼び出す方法としては同期呼び出しと非同期呼び出しがあります。今回は非同期呼び出しを使うため、System.Net.WebClient型の変数をWithEvent付で宣言し、呼び出し完了イベントが発生するようにします。

リスト3 宣言部のコード
Private Const url As String = "http://search.twitter.com/search.json?q={0}"
Friend WithEvents WebClient As New System.Net.WebClient

 続いて、画面上の[検索]ボタンがクリックされた時に呼び出されるイベントプロシージャを記述します。この中では「WebClient.DownloadStringAsync(New Uri(uriString))」を使って非同期呼び出しを行っています(ここを「WebClient.DownloadString(New Uri(uriString))」とすれば同期呼び出しになります)。

リスト4 Clickイベント時のコード
Private Sub Search_Click(sender As System.Object, e As System.Windows.RoutedEventArgs)
    If Me.Keyword_TextBox.Text.Trim.Length > 0 Then
        Dim uriString As String = String.Format(url,
                                                Uri.EscapeUriString(Me.Keyword_TextBox.Text.Trim))
        WebClient.DownloadStringAsync(New Uri(uriString))
    End If
End Sub

 最後に、指定したURLからのレスポンスを非同期受信した時の動作を記述します。今回の戻り値はJSON形式になっているので「DataContractJsonSerializer」を使ってJSON形式に合わせて定義したList(Of T)クラスに格納しています。なおDataContractJsonSerializerを使うためにはあらかじめ「System.Runtime.Serialization」を参照設定しておく必要があります。

 データが格納されたList(Of T)クラスをMe.Result_ListBox.ItemSourceに設定すれば、テンプレートデザインにもとづき一覧が表示されます。

リスト5 Clickイベント時のコード
Private Sub WebClient_DownloadStringCompleted(sender As Object,
                                              e As System.Net.DownloadStringCompletedEventArgs) _
                                          Handles WebClient.DownloadStringCompleted
    Try
        If e.Error Is Nothing AndAlso e.Cancelled = False Then
            Using stream As New System.IO.MemoryStream(Text.Encoding.UTF8.GetBytes(e.Result))
                Dim serializer As New System.Runtime.Serialization.Json.DataContractJsonSerializer(GetType(TSearchResult))
                Dim jsonDataValue As TSearchResult = CType(serializer.ReadObject(stream), TSearchResult)
                Me.Result_ListBox.ItemsSource = jsonDataValue.results
                Me.Result_ListBox.UpdateLayout()
            End Using
        ElseIf e.Error IsNot Nothing Then
            MessageBox.Show(e.Error.Message)
        End If
    Catch ex As Exception
        MessageBox.Show(ex.Message)
    End Try
End Sub

Public Class TSearch
    Public Property from_user As String
    Public Property text As String
    Public Property created_at As String
    Public Property created_at_local As DateTime
    Public Property profile_image_url As String
    Public Property own_twit As System.Windows.Visibility
End Class

Public Class TSearchResult
    Public Property results As List(Of TSearch)
End Class

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 初音玲(ハツネアキラ)

     国内SIerのSEでパッケージ製品開発を主に行っており、最近は、空間認識や音声認識などを応用した製品を手掛けています。  個人的には、仕事の内容をさらに拡張したHoloLensなどのMRを中心に活動しています。  Microsoft MVP for Windows Development...

バックナンバー

連載:現役エンジニア直伝! 「現場」で使えるコンポーネント活用術(FlexGrid)
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5