Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

フェンリル、Webブラウザ「Sleipnir 3 for Windows/Mac(3.5)」をリリース

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/06/28 12:35

 フェンリルは、電話や地図などのスマートフォンアプリや、FacebookやDropbox、EvernoteなどのWebサービスとシームレスに連携する、スマートフォンユーザーのためのPC向けWebブラウザ「Sleipnir 3 for Windows(3.5)」および「Sleipnir 3 for Mac(3.5)」を、28日にリリースした。価格は無料。

 「Sleipnir 3」は、閲覧中のページのURLや、ページ内で表示している電話番号、文字列などを瞬時にスマートフォンへ送信できる「スマートフォンアプリ連携」機能を搭載している。サーバからスマートフォンに送信されたプッシュ通知を開くと、自動的に電話アプリやWebブラウザが起動したり、メニューから起動するアプリを選択したり、といった操作が可能となる。

 また、Webページ内の電話番号は、全てクリック可能な状態となり、電話番号をクリックすることでスマートフォン側に電話番号を送信し、そのまま電話をかけられる。住所や文章、URLなどの文字列を右クリック選択してスマートフォンに送信すれば、地図アプリを起動して該当の住所を表示する、といった使い方ができる。

 なお、「スマートフォンアプリ連携」機能を利用するには、iPhone/iPad、Android対応の無料アプリ「Sleipnir Linker」と、無料で取得可能な「Fenrir Pass ID」が必要となる。

 ほかにも、TwitterやFacebook、Dropbox、Evernoteなど、複数のWebサービスを同じインターフェース上に統合することで、あたかも「Sleipnir 3」の機能であるかのように使える「Webサービス(Webアプリケーション)連携」機能を搭載する。閲覧中のページの任意の場所を右クリックすることで、ページを「共有」「保存」「あとで読む」のいずれかを選択できる。

 各Webサービスの認証にはOAuth認証を利用しており、各サービスのID、パスワードを同社がオンライン管理するわけではないため、セキュリティ上のリスクはない。28日時点での対応サービスは、「共有」がTwitter、Facebook、LinkedIn、Tumblr、Flickr、Google+、「あとで読む」がReadability、Instapaper、Pocket(旧Read It Later)、「保存」がDropbox、Evernote、SkyDrive。

 「Sleipnir 3 for Windows(3.5)」は、デフォルトのレンダリングエンジンとして、オープンソースでGoogle ChromeやSafariにも採用されているWebkitを採用。ページの表示速度や安定性の向上など、基本的なパフォーマンスを大幅に向上している。また、Google Chrome用のエクステンションにも対応する。なお、「Sleipnir 3 for Mac(3.5)」は、すでにWebkitを採用している。

 対応OSは、「Sleipnir 3 for Windows(3.5)」がWindows 7/Vista/XP(SP3以上)、「Sleipnir 3 for Mac(3.5)」がMac OS X 10.7/10.6。

 また、「Sleipnir Linker」のiPhone版は、iOS 5.0以降を搭載するiPhone/iPod touchに対応し、iPad互換。Android版は、Android 2.2以降に対応する。


【関連リンク】
フェンリル
「Sleipnir 3 for Windows(3.5)」
「Sleipnir 3 for Mac(3.5)」(Mac App Store版)
「Sleipnir 3 for Mac(3.5)」(Black Edition)
「Sleipnir Linker」(iPhone版)
「Sleipnir Linker」(Android版)

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5