CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Amazon、AWSで新たにC4インスタンスの提供を開始、EC2でもっとも高い性能をを提供するように設計

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/01/13 13:40

 米Amazonは、Amazon Web Services(AWS)において、新たなEC2(Elastic Compute Cloud)インスタンスタイプであるC4の提供を、1月12日(現地時間)に開始した。

 C4インスタンスは、EC2でもっとも高い性能を提供するよう設計されており、インテルXeon E5-2666 v3プロセッサをベースにEC2に最適化したしたカスタムプロセッサを採用している。同プロセッサは2.9GHzで動作し、Intel Turbo Boost時には3.5GHzで動作する。

 ラインアップは以下のとおり。

C4インスタンスのラインアップ
インスタンス名 vCPU RAM ネットワークパフォーマンス 専用EBSスループット
c4.large 2 3.75GB 500Mbps
c4.xlarge 4 7.5GB 750Mbps
c4.2xlarge 8 15GB 1000Mbps
c4.4xlarge 16 30GB 2000Mbps
c4.8xlarge 36 60GB 10Gbps 4000Mbps

 全ラインアップにおいて、EBS最適化をデフォルトで有効にしているため、通常のネットワークスループットとは別に、500Mbps~4000MbpsのEBSとの専有スループットを追加料金なしで使える。

 また、C3インスタンスと同様に、より高いパケット毎秒(PPS)、低ジッター、低遅延のネットワークを実現する拡張ネットワーキングも利用可能で、2台以上のC4インスタンスをPlacement Group内で起動すれば、グループ内での低遅延な接続を実現する。

 このほか、「c4.8xlarge」では、インスタンスの下層にあるハードウェア性能を安全に、できる限り引き出しつつ、低ジッターな仮想化I/O提供を目標に、より効率的なシステムを実現するための取り組みの一環として、4個のvCPUの追加にも対応している。

 アジアパシフィックリージョン(東京)における、1時間あたりのLinuxオンデマンド料金は、「c4.large」が0.147ドル、「c4.xlarge」が0.294ドル、「c4.2xlarge」が0.588ドル、「c4.4xlarge」が1.176ドル、「c4.8xlarge」が2.352ドル。


【関連リンク】
Amazon
Amazon Web Services
Amazon EC2

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5