CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

CoreOS、環境設定サーバ「etcd 2.0」をリリース、初めてのメジャー安定リリース

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/01/29 14:25

 米CoreOSは、環境設定サーバ「etcd」の初めてのメジャー安定リリースとして、「etcd 2.0」を1月28日(現地時間)にリリースした。

 etcdは、各種サービスやスケジューラなどの設定を共有できる、オープンソースのキーバリュー型データストア。分散型なので、あるサーバが停止した場合でもアプリケーションは継続して動作する。また、CoreOSの中核を成すソフトウェアである。

 GoogleのKubernetesや、Pivotalのクラウドサービス、Mailgun、Apache Mesos、Mesosphere DCOSなど数多くのプロジェクトで利用されており、GitHub上にはetcdを使用する500を超えるプロジェクトが存在する。

 今回、リリースされた「etcd 2.0」では、内部プロトコルの改善によって、設定ミスにともなうトラブルを抑えており、クラスタリングの失敗から簡単に復帰可能なetcdctl backupコマンドや、クラスタの管理に対応したetcdctl member list/add/removeコマンドを追加している。

 このほか、ディスクへのデータストアの安全性を向上したCRCチェックサムとアペンド・オンリー動作の採用や、より厳格で高速なテストを実現するRaftの実装など、前バージョン「etcd 0.4.6」から数多くの機能が追加され、使い勝手を大きく向上した。また、多数のバグフィックスも行われている。


【関連リンク】
CoreOS(英語)
etcd(英語、GitHub)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5