Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「デブサミ2015」本日開幕、エンジニア個人やビジネスの成長のためのアクション「Growth!」が今年のテーマ

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/02/19 14:00

 2月19日、翔泳社主催のソフトウェア開発者向けカンファレンス「Developers Summit 2015」(デブサミ2015)が目黒雅叙園(東京都目黒区)で開幕した。20日までの2日間開催。

 今回のテーマは、「Growth!」に設定。デブサミオーガナイザーの鍋島理人氏は、開幕の挨拶で「デブサミに参加し、心に残ったことが一つでもあれば、周囲の方にシェアしてほしい。スピーカーや来場者同士で交流してほしい。この場から、成長のためのアクションが広がっていけば嬉しく思う」と、開催に対する思いを示した。

デブサミオーガナイザー 鍋島理人氏
デブサミオーガナイザー 鍋島理人氏

 また、初日の基調講演では、株式会社ドワンゴ 代表取締役&CTOの川上量生氏が「ドワンゴCTOとしての仕事」という題目で登壇。

株式会社ドワンゴ 代表取締役&CTO 川上量生氏
株式会社ドワンゴ 代表取締役&CTO 川上量生氏

 川上氏がCTOになり取り組んだことの一つとして、法律を手続き型言語として構造的に解釈し、循環的複雑度を求める試みを紹介。ソフトウェア開発の知見が、法律の保守性を高め、解釈をしやすくできることにつながるとした。

法律を構造化し、複雑度を求める
法律を構造化し、複雑度を求める

 さらに、川上氏が3年間CTOを務めて感じたこととして「Webエンジニアが中心の時代になり、コンピュータの動作原理を知らないエンジニアが増えているとして、自分の頭で考えないエンジニアが増えているのでは」と問題提起。開発手法が「なぜいいのか」を考えるより、「誰かの成功結果を覚えているだけ」になっているのではないか、とした。ドワンゴでは、自社専用ハードウェアなどを整備することで、技術の理論的限界でサービスを設計していきたい、と語った。

 また『ニッポンの個人情報』刊行記念トーク&サイン会も開催。「プライバシーフリーク、参上。」の横断幕のもと、著者の山本一郎氏、高木浩光氏、鈴木正朝氏により活発な議論が交わされた。

左から、山本一郎氏、高木浩光氏、鈴木正朝氏
左から、山本一郎氏、高木浩光氏、鈴木正朝氏

 2日間にかけて全92セッションが講演され、一部のセッションは後日詳細なレポートを予定している。

【関連リンク】
デブサミ2015

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

修正履歴

  • 2015/02/23 11:01 『ニッポンの個人情報』刊行記念トーク&サイン会について、事実誤認の箇所があったため本文を修正しました。

  • 2015/02/20 08:48 本文の、今年のテーマに誤字があったため修正いたしました。

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5