Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

Google Cloud Platformの自然言語APIとスピーチAPIがオープンベータに

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/07/21 15:35

 米Googleは、Google Cloud Platformにおいて、クラウドベースの自然言語API「Google Cloud Natural Language API」と、同じくクラウドベースのスピーチAPI「Cloud Speech API」を、7月20日(現地時間)にオープンベータ公開した。

 最新の「Google Cloud Natural Language API」は、英語、スペイン語、日本語に対応しており、テキストに込められた感情の解析機能や、テキストに関連する「存在」の認識およびラベル付け機能、構文解析機能を備えている。

 広範な分野におけるエンタープライズ規模の開発に対応するスケールとパフォーマンスを実現しているので、製品レビューの解析や、コールセンターへの問い合わせ時の感情の分析などを可能にする。

 「Cloud Speech API」は、Google検索とGoogle Nowでも利用されている音声認識技術を用いて、80を超える言語のテキスト読み上げに対応しており、アプリケーションだけでなくIoT機器でも利用できる。

 すでに公開済みのアルファ版は、ビデオチャットアプリのHyperConnectや、音声解析サービスのVoiceBaseをはじめとする、5000以上の企業に利用されている。

 最新のオープンベータ版では、あらかじめ語句を登録しておいて認識精度を向上する「Word hints」機能や、音声を利用するアプリのより簡単で迅速な開発に役立つ「Asynchronous calling」機能が追加された。

 このほか、Googleは北米・西海岸のOregon Cloudリージョン(us-west1)において、Google Compute Engine、Google Cloud Storage、Google Container Engineなどの提供を開始している。


【関連リンク】
Google
Google Cloud Platform
「Google Cloud Natural Language API」(英語)
「Cloud Speech API」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5