SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

著者情報

奥村 康晃(株式会社NTTデータ)(オクムラ ヤスアキ)

 NTTデータ入社以来、クラウドサービスのAPIを連携させることで効率的な管理を可能とするクラウド管理プラットフォームの開発に従事。現在では、クラウド導入の技術コンサルや組織での技術戦略立案にも携わる。


執筆記事

  • 【AWSのコンテナでカオスエンジニアリング】AWS Fault Injection SimulatorでECSにカオスを挿入する

     本連載では、AWSやMicrosoft Azureが提供するカオスエンジニアリングのマネージドサービスの特徴と実際のカオスエンジニアリングの実...

    Chaos_Engineering2_t.png
    4
  • NTTデータで利用実績の多いAWSサービストップ10は? 最新アップデート情報も紹介!

     本連載では、AWSに関して、なかなか時間がとれず最新のアップデートを追えていない方や、これからAWSを利用したいと考えている方に向けて、AWS...

    awsupdate_t.png
    20
  • 【AWSでカオスエンジニアリング】AWS Fault Injection SimulatorでEC2にカオスを挿入する

     本連載では、AWSやMicrosoft Azureが提供するカオスエンジニアリングのマネージドサービスの特徴を紹介しつつ、実際のカオスエンジニ...

    Chaos_Engineering2_t.png
    1
  • カオスエンジニアリングを安全に行うには? AWSとAzureのマネージドサービスの特徴を解説

     システムの信頼性を向上させる手法として「カオスエンジニアリング」が大きく注目されています。AWSからはFault Injection Simu...

    Chaos_Engineering2_t.png
    1
  • カオスエンジニアリングで急なVMの停止に備えよう~Azure 仮想マシン スケール セット(VMSS)にカオス挿入

     この回では、Azure 仮想マシン スケール セット(VMSS)を構成したシステムに対するカオス挿入について説明します。VMSSを利用すること...

    chaos_engineering_t.png
    0
  • エンタープライズでも注目の「カオスエンジニアリング」とは何か? 求められる背景と実践のプロセス

     本連載は、カオスエンジニアリングの概要や求められる背景、実践的な障害挿入の仕方や気を付けておきたい注意点などについて、エンタープライズシステム...

    chaos_engineering_t.png
    1

6件中1~6件を表示

戻る

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング