SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

[9-A-6]継続的なサービス発展のための技術とアーキテクチャの取り組み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
■イベント:
Developers Summit 2023 講演資料・動画まとめ
■講演日時:
2023年02月09日(木)15:05 ~ 15:55
■講演者 :
竹野 創平[Wantedly]
■タグ
デブサミ アプリケーション開発  

講演資料

動画

セッション概要

本セッションでは、サービスと事業が継続的に発展・展開していくための技術とアーキテクチャについてお話しします。

ここではシステム全体を独立してデプロイ可能なコンポーネントの集合として構成することで、異なるシステム特性を重層的に織り込むスタイルを取ります。そのためのインフラストラクチャや技術、それを支える組織体制、サービスや事業との接続などについて触れていきます。

採り上げるのはウォンテッドリー株式会社のシステム全体で、バックエンド・フロントエンド・モバイル・機械学習/推薦を技術領域として含み、10年以上の開発・運用が行われています。このためシンプルなシステムから出発した際に、どの時点でどのように変化させていくか、といった側面も含めて検討します。

本発表がソフトウェアシステムを継続的に発展させていく際の一助となれば幸いです。

講演者プロフィール

竹野 創平[Wantedly]

Wantedly, Inc.
技術フェロー

学生時代はサービス開発に携わりながら、東京工業大学でプログラミング機構について研究を行う。
2016年にウォンテッドリー株式会社に新卒入社。各プロダクトの設計・開発・マネジメントに携わる。この中でプロダクト価値を最大化させるためにソフトウェア基盤の構築やアーキテクチャ設計を行ってきた。
2020年から2022年にかけて全社的な技術・アーキテクチャの課題解決に注力、現在は技術フェローとして関わる。

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング