Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

Facebook、JavaScript向けパッケージマネージャ「Yarn 1.0」をリリース

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/09/12 11:05

 米Facebookは、JavaScript向けのパッケージマネージャ「Yarn 1.0」を、9月7日(現地時間)にリリースした。

 「Yarn 1.0」では、新機能として複数の依存関係を自動的に集約できる「ワークスペース」機能を搭載している。ワークスペースによって、複数のpackage.jsonファイルから依存関係を一括インストール可能になるほか、rootに置いた単一のyarn.lockでそれらをすべてロックできる。すべてのワークスペースにシンボリックリンクを作成すれば、すべてのプロジェクトをまたぐ依存関係の解決が可能になる。

 なお、Yarnのワークスペース機能は、Facebook内のいくつかの開発チームや、Babelのようなオープンソースプロジェクトにおいて、すでに利用されている。

 さらに、複数のコントリビュータが存在する、開発ペースの速いプロジェクトにおいて発生しがちな、yarn.lockのマージ時のコンフリクトを解決する機能として、新たに自動マージ機能を備えており、マージ時のコンフリクト発生を自動的に防ぎ、ディスク容量を節約するとともに、開発者をバージョン管理の苦労から解放する。

 またpackage.jsonファイルには、使用しているパッケージに、重要なバグフィックスや、緊急度の高いセキュリティアップデートが行われた場合に、依存関係が更新されるまで待つか、新たなリリースまで依存関係を手動で更新するかを設定できる、resolutionsフィールドが追加された。

 このほか、整合性チェックの高速化や、プロジェクトごとのロックファイルパーサモジュールの分離など、さまざまな機能改善・修正が行われている。


【関連リンク】
Facebook開発者向けサイト
「Yarn」(英語)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5