Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

テクマトリックス、C/C++対応テストツール「C++test 10.3.2」を発売

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/10/05 15:05

 テクマトリックスは、米Parasoft Corporationが開発したC/C++対応テストツール「C++test 10.3.2」を、10月5日に発売した。また、ソフトウェアプロジェクト管理ツールである「Parasoft DTP 5.3.2」も同時にリリースされた。

 C++testは、コーディング規約チェック/フロー解析といった静的解析、単体テスト、カバレッジ計測、アプリケーションモニタリングのためのC/C++対応テストツール。

 今回、発売された「C++test 10.3.2」は、最新のMISRA C 2012(MISRA C 2012 Amendment1追加分を含む)に完全対応しており、車載、航空、医療といったセーフティクリティカル分野で適用されているMISRAガイドラインチェックの自動化を実現した。また、セキュリティを考慮したセキュアコーディングのガイドラインであるCERT C Coding Standardへの対応も強化している。

 プログラムを論理的に実行し、実際の実行時に発生し得る問題を検出する「フロー解析機能」には、新たに22種類の解析ルールを追加し、計80種類に拡張された。

 さらに、単体テスト機能、単体テストやアプリケーション実行時に計測されるカバレッジの拡張、「C++test 9.x」との完全互換、GNU GCC 5.x、6.x、IAR Compiler for ARM 7.8などサポート対象コンパイラの追加といった変更が行われた。

 このほか、ソフトウェアプロジェクト管理ツールであるParasoft DTPとの連携が強化され、従来よりもさらにプロジェクト状況や品質の可視化が可能になり、最新の解析と前回の解析におけるソースコードの差分を確認できる「変更エクスプローラー」、全体の状況を俯瞰する「ダッシュボード」が追加されている。

 Parasoft DTPも、今回リリースされた「Parasoft DTP 5.3.2」によってC++testとの連携が強化された。具体的には、C++testによる解析結果を基にJIRAやRedmineといった課題管理ツール上の課題の生成/変更や、解析結果と課題の関連付けによるトレーサビリティレポートの生成などが可能になっている。

 ほかにも、C++testによる静的解析の結果からMISRAガイドラインに則った順守サマリレポートや逸脱レポートの出力にも対応した。


【関連リンク】
テクマトリックス
C++test
Parasoft DTP

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5