Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

グレープシティ、UIコンポーネントスイート「ComponentOne Studio」を「ComponentOne」に変更、配布ライセンスの無償化も

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/04/11 14:30

 グレープシティは、業務アプリケーション開発に役立つUIコンポーネントを多数収録したスイート製品「ComponentOne Studio」のブランド名を、5月1日より「ComponentOne」に変更する。

ComponentOne
新ブランド名は「ComponentOne」に

 同ブランド名は「コンポーネントがひとつに」を意味しており、今回のブランド名変更は、読みやすさ、呼びやすさ、親しみやすさの向上を目指している。ライセンスは1年定額制のサブスクリプション方式で、初期費用は最上位エディション「Enterprise」の1ユーザーライセンスが税込162000円。

 なお、「ComponentOne Studio」では開発したWebアプリケーションをサーバで配布する際に「コアサーバーライセンス」(配布ライセンス)が必要だったが、5月1日付で廃止され、配布ライセンスが無料となる。また、次回のバージョンアップである「2018J v2」は7月のリリースを予定している。


【関連リンク】
グレープシティ
「ComponentOne Studio」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5