SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

CodeZineニュース

Adobeの次期ColdFusionは「Web2.0サービス統合ハブ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Adobeは6日、リッチインターネット環境を拡張する新技術説明会を都内で開いた。

 Adobeは6日、「リッチインターネット環境を拡張する新技術説明会」と題し、都内で次期ColdFusionに関する説明を行った。

ColdFusionの現在と今後

 説明会では、ColdFusion担当シニアマーケティングマネージャーのティム バンテル氏が「ColdFusionの現在と今後」について説明した。

ティム バンテル氏
ティム バンテル氏

 ColdFusionは、Adobeと統合される前のMacromedia社の頃からリリースされていた製品で10年以上の歴史を持つ。開発言語とサーバ上で動作する実行エンジンで構成され、CFMLと呼ばれる独自XML言語を使って記述するだけで、簡単にWebアプリケーションを作成できてしまう。また、ColdFusionはDB接続やPDFやFlashの制御などを容易に行うことが可能である。

 このColdFusionの次期バージョン(コードネーム「Scorpio」)では、同社Webアプリケーション作成ツールである「Flex」との接続性がさらに強化される。また、ColdFusionは今までJavaアーキテクチャに対応した作りになっていたが、新バージョンではCFMLから直接.NETコンポーネントが呼び出せるようになり、これにより開発者はJava・.NETの両コンポーネントを利用することができるようになる。他にもサーバーモニタリング機能を備えることで、サーバーパフォーマンスの分析を容易にすること可能にする。

 次期ColdFusionは、フロントエンドではFlash(Flex)やApollo、PDFを制御し、バックエンドではJava、.NET、PHPやPerlなどのWebサービス、DBと連携させることができる。AdobeではColde Fusionを「Webサービスにおけるサービス統合ハブ」と位置づけており、開発コストを下げつつ、リッチアプリケーションを提供できる製品として展開していくという。

 次期ColdFusionは2007年秋にリリースされる予定。今回初めて日本語版が用意されることになっている。

Adobe Flex 2.0.1

 続いてフィールドマーケティングマネージャーの夏秋 朋史氏が「Adobe Flex 2.0.1」についての説明を行った。

夏秋 朋史氏
夏秋 朋史氏

 Flexは、リッチユーザーインターフェイスで作成されたWebアプリケーションを開発するための同社製品である。サーバサイドのデータを、Flashを使った豊かなグラフィックで表現することができ、Eclipseベースの「Flex Builder 2」を使用すれば、簡単に作成することができる。

 Adobe Flex 2.0.1は3月23日に発売される最新バージョンで、すべてのコンポーネントをアップデートした。さらに「Flex Builder 2」のベースをEclipse 3.2にバージョンアップし、初めてMacintosh版も用意する。

 Flex Builderは今後、Adobe製品を使ったWebアプリケーションの統合開発環境となることも予想される。サーバサイドのColdFusion、フロントエンドのFlex、そして次世代デスクトップアプリケーションの「Apollo」はそれぞれ密に連携しており、すべてFlex Builder上での開発が可能になるという。

実際にMac版Flex Builder 2を使い、Apolloアプリケーションを作成するデモも行われた
実際にMac版Flex Builder 2を使い、Apolloアプリケーションを作成するデモも行われた
関連ページ
Adobe Labs:Scorpio
Adobe ColdFusion
Adobe Flex 2
ColdFusion MX 7とFlex 2

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の著者

CodeZine編集部(コードジンヘンシュウブ)

CodeZineは、株式会社翔泳社が運営するソフトウェア開発者向けのWebメディアです。「デベロッパーの成長と課題解決に貢献するメディア」をコンセプトに、現場で役立つ最新情報を日々お届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/1085 2007/03/06 17:21

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング