CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Adobeの次期ColdFusionは「Web2.0サービス統合ハブ」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007/03/06 17:18

Adobeは6日、リッチインターネット環境を拡張する新技術説明会を都内で開いた。

 Adobeは6日、「リッチインターネット環境を拡張する新技術説明会」と題し、都内で次期ColdFusionに関する説明を行った。

ColdFusionの現在と今後

 説明会では、ColdFusion担当シニアマーケティングマネージャーのティム バンテル氏が「ColdFusionの現在と今後」について説明した。

ティム バンテル氏
ティム バンテル氏

 ColdFusionは、Adobeと統合される前のMacromedia社の頃からリリースされていた製品で10年以上の歴史を持つ。開発言語とサーバ上で動作する実行エンジンで構成され、CFMLと呼ばれる独自XML言語を使って記述するだけで、簡単にWebアプリケーションを作成できてしまう。また、ColdFusionはDB接続やPDFやFlashの制御などを容易に行うことが可能である。

 このColdFusionの次期バージョン(コードネーム「Scorpio」)では、同社Webアプリケーション作成ツールである「Flex」との接続性がさらに強化される。また、ColdFusionは今までJavaアーキテクチャに対応した作りになっていたが、新バージョンではCFMLから直接.NETコンポーネントが呼び出せるようになり、これにより開発者はJava・.NETの両コンポーネントを利用することができるようになる。他にもサーバーモニタリング機能を備えることで、サーバーパフォーマンスの分析を容易にすること可能にする。

 次期ColdFusionは、フロントエンドではFlash(Flex)やApollo、PDFを制御し、バックエンドではJava、.NET、PHPやPerlなどのWebサービス、DBと連携させることができる。AdobeではColde Fusionを「Webサービスにおけるサービス統合ハブ」と位置づけており、開発コストを下げつつ、リッチアプリケーションを提供できる製品として展開していくという。

 次期ColdFusionは2007年秋にリリースされる予定。今回初めて日本語版が用意されることになっている。

Adobe Flex 2.0.1

 続いてフィールドマーケティングマネージャーの夏秋 朋史氏が「Adobe Flex 2.0.1」についての説明を行った。

夏秋 朋史氏
夏秋 朋史氏

 Flexは、リッチユーザーインターフェイスで作成されたWebアプリケーションを開発するための同社製品である。サーバサイドのデータを、Flashを使った豊かなグラフィックで表現することができ、Eclipseベースの「Flex Builder 2」を使用すれば、簡単に作成することができる。

 Adobe Flex 2.0.1は3月23日に発売される最新バージョンで、すべてのコンポーネントをアップデートした。さらに「Flex Builder 2」のベースをEclipse 3.2にバージョンアップし、初めてMacintosh版も用意する。

 Flex Builderは今後、Adobe製品を使ったWebアプリケーションの統合開発環境となることも予想される。サーバサイドのColdFusion、フロントエンドのFlex、そして次世代デスクトップアプリケーションの「Apollo」はそれぞれ密に連携しており、すべてFlex Builder上での開発が可能になるという。

実際にMac版Flex Builder 2を使い、Apolloアプリケーションを作成するデモも行われた
実際にMac版Flex Builder 2を使い、Apolloアプリケーションを作成するデモも行われた
関連ページ
Adobe Labs:Scorpio
Adobe ColdFusion
Adobe Flex 2
ColdFusion MX 7とFlex 2
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5