Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

Google、Google App Engineの標準環境でNode.jsを利用可能に

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/06/14 11:10

 米Googleは、Google App Engineの標準環境において、Node.js 8アプリケーションのデプロイが可能になったことを、6月12日(現地時間)に発表した。

 Google App EngineがNode.jsに対応したことで、Node.jsの開発者は迅速なアプリケーションの開発や、自動スケーリングといったGoogle App Engineのメリットを享受できる。

 また、API制限などがないため、Node.jsによる開発手法をそのままGoogle App Engine上でも利用可能であり、Node.jsモジュールの読み込みにも対応している。

 さらに、ワンクリックで自動生成できる証明書によって、独自のカスタムドメインを使ったセキュアなHTTPSアプリケーションの提供が可能になるほか、Node.jsのセキュリティアップデート適用が自動で行われるので、ユーザーがバージョン管理を行う必要はない。

 Googleは、ユーザーが作成したNode.jsアプリケーションからGoogle Cloud Platform製品の利用を容易にするクライアントライブラリとして、Google Cloud DatastoreやStackdriver Debugger agent、Stackdriver Trace Agentなども用意している。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5