Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

SUSE、エンタープライズ向けコンテナ管理ソリューション「SUSE CaaS Platform 3」を発表、Kubernetesの活用を促進

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/06/20 16:36

 独SUSEは、エンタープライズ向けコンテナ管理ソリューション「SUSE CaaS Platform 3」を、6月19日(現地時間)に発表した。

 「SUSE CaaS Platform」は、アプリケーション開発およびDevOpsチームに対して、コンテナベースのアプリケーションとサービスをより簡単に導入、管理、拡張できるようにする、エンタープライズ向けコンテナ管理ソリューション。

 今回、発表された「SUSE CaaS Platform 3」では、データセンター統合とクラスタ再構成オプションの拡張によってクラスタ構成を最適化しており、プライベート/パブリッククラウドストレージ統合機能の改善と、Kubernetesソフトウェアロードバランサの自動展開によって、Kubernetes環境の設定を簡素化した。

 さらに、新たなSUSEツールチューニングモジュールによって、MicroOSコンテナオペレーティングシステムのカスタム構成が可能になっており、スタートアップクラスタをスケーラブルで可用性の高い環境へ進化させることができる。

 また、ローカルのコンテナレジストリによって、より効率的で安全なコンテナ管理を実現しており、外部レジストリからコンテナイメージをダウンロードし、ローカルレジストリにコピーを保存することで、クラスタ内のすべてのノード間での共有が可能になる。

 外部レジストリではなく内部プロキシに接続し、リモートサーバではなくローカルキャッシュからダウンロードすることで、クラスタノードがローカルレジストリからイメージを取得する際のセキュリティとパフォーマンスを向上した。さらに、Kubernetes専用設計の軽量なCRI-Oコンテナランタイムも用意している。

 このほか、長時間実行されるワークロードの導入と管理を容易にする「Kubernetes Apps Workloads API」も提供される

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5