Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

独SUSE、「SUSE Linux Enterprise 15」の販売を開始

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/07/02 16:57

 独SUSEは、「SUSE Linux Enterprise 15」「SUSE Manager 3.2」「SUSE Linux Enterprise High Performance Computing 15」の販売を、6月25日(現地時間)に開始した。

 SUSEでは、近年のビジネス環境におけるクラウドやコンテナ技術の普及を受けて、既存のインフラと、ソフトウェアによって定義されるインフラ、およびアプリケーション指向アーキテクチャの共存を可能にする「マルチモーダルIT」への対応を掲げており、同社は今回発売した「SUSE Linux Enterprise 15」を“マルチモーダルOS”と位置付けている。

 「SUSE Linux Enterprise 15」は、マルチモーダルIT環境全体でアプリケーションのモビリティを確保するため「コモンコードベース」を採用しており、「Modular+」アーキテクチャによってマルチモーダルIT環境への移行の際に発生する問題に対応する。また、開発者コミュニティに対しては、無償のサブスクリプションやコミュニティ版である「openSUSE Leap」の提供を通じて、「SUSE Linux Enterprise 15」への移行を支援する。

 「SUSE Manager 3.2」は、コスト削減、DevOpsの効率の向上、IoTやクラウド、コンテナインフラ全体にわたる大規模かつ複雑な導入における管理を簡素化するための新機能を備えている。単一のツールによって、エッジデバイスからKubernetes環境まですべてを一元管理・維持することが可能で、DevOpsの効率を改善しつつ、コンプライアンス要件を満たせる。さらに、拡張フォームベースのUIを採用し、大規模で複雑な導入を容易に管理できる。

 このほか、「SUSE Linux Enterprise High Performance Computing 15」を、ワークロードとクラスタ管理を含む並列コンピューティング環境向けに別製品として発売する。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5