SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

CodeZineニュース

独SUSE、「SUSE Linux Enterprise 15」の販売を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 独SUSEは、「SUSE Linux Enterprise 15」「SUSE Manager 3.2」「SUSE Linux Enterprise High Performance Computing 15」の販売を、6月25日(現地時間)に開始した。

 SUSEでは、近年のビジネス環境におけるクラウドやコンテナ技術の普及を受けて、既存のインフラと、ソフトウェアによって定義されるインフラ、およびアプリケーション指向アーキテクチャの共存を可能にする「マルチモーダルIT」への対応を掲げており、同社は今回発売した「SUSE Linux Enterprise 15」を“マルチモーダルOS”と位置付けている。

 「SUSE Linux Enterprise 15」は、マルチモーダルIT環境全体でアプリケーションのモビリティを確保するため「コモンコードベース」を採用しており、「Modular+」アーキテクチャによってマルチモーダルIT環境への移行の際に発生する問題に対応する。また、開発者コミュニティに対しては、無償のサブスクリプションやコミュニティ版である「openSUSE Leap」の提供を通じて、「SUSE Linux Enterprise 15」への移行を支援する。

 「SUSE Manager 3.2」は、コスト削減、DevOpsの効率の向上、IoTやクラウド、コンテナインフラ全体にわたる大規模かつ複雑な導入における管理を簡素化するための新機能を備えている。単一のツールによって、エッジデバイスからKubernetes環境まですべてを一元管理・維持することが可能で、DevOpsの効率を改善しつつ、コンプライアンス要件を満たせる。さらに、拡張フォームベースのUIを採用し、大規模で複雑な導入を容易に管理できる。

 このほか、「SUSE Linux Enterprise High Performance Computing 15」を、ワークロードとクラスタ管理を含む並列コンピューティング環境向けに別製品として発売する。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の著者

CodeZine編集部(コードジンヘンシュウブ)

CodeZineは、株式会社翔泳社が運営するソフトウェア開発者向けのWebメディアです。「デベロッパーの成長と課題解決に貢献するメディア」をコンセプトに、現場で役立つ最新情報を日々お届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/10949 2018/07/02 16:57

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング