Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

GitHub、GitHub Enterprise 2.14をリリース、企業がセキュアにGitHub.com上のリソースを利用できる機能が追加

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/07/13 11:50

 米GitHubは、企業向けサービス「GitHub Enterprise」の新たなバージョン「GitHub Enterprise 2.14」を7月12日(現地時間)にリリースした。セキュアにGitHub.comのオープンソースへのリソースにアクセスできるなど、企業がオープンソースコミュニティを活用できるための新機能などが追加された。

 GitHub Enterpriseは、GitHub FlowをベースとしたPull Requestやコードレビューなど、OSSプロジェクトで活用されているGitHub.comの機能を、セキュアな環境で実現できる企業向けオンプレミス製品。

 今回新たにリリースされた「GitHub Enterprise 2.14」では、企業がセキュアにGitHub.comのオープンソースへのリソースにアクセスできる「ユニファイドサーチ機能」など、いくつかの新機能が追加された。

 「ユニファイドサーチ機能」では、GitHub Business Cloudを利用している場合、ファイアウォール越しに、GitHub.com上のオープンソースのリソースへのアクセスができる。セキュリティを犠牲にすることなく、GitHub上のオープンソースコミュニティを活用することが可能になる。

 パブリックベータ版で提供される「Checks API」は、継続的インテグレーション、lint、受け入れテストをGitHub上で実行可能な高度なツールを構築できる、インテグレータ向けの機能。これまで、インテグレータは、Statuses APIを使用してビルドの成功や失敗をレポートし、詳細情報へのリンクを含めていたが、今回追加されたChecks APIを使用することで、ビルド中により多くのステータス情報の指定が可能になる。

 さらに、複数のIssueテンプレートを作成が可能になり、テンプレートの設定プロセスが改善されたこと、diff表示でホワイトスペースの変更をスキップする設定ができること、複数のレビュアーを指定できるようになったことなど、多くの新機能が追加された。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5