Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

米Adobe、「Adobe XD」のAPIを開放、サードパーティによるプラグイン開発が可能に

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/08/29 18:24

 米Adobeは、Adobe XDをプラットフォームとして開発者に開放し、コミュニティやパートナー企業が開発したプラグインを使ってツールをカスタマイズできるようにすると、8月28日(現地時間)に発表した。

 今回のAdobe XDのプラットフォーム化によって、開発者はAdobe XD APIを活用したAdobe XDへの新機能の追加や、ワークフローの自動化、他社製ツールやサービスとの連携が可能になる。

 同オープンプラットフォームは2018年中の一般公開を予定しており、Adobeではすでに開発パートナーに早期アクセスを提供するとともに、Microsoft、Trello、UserTesting、Airtable、Dribbble、Silicon Publishing、Slope、inMotionNow、Astute Graphics、Anima、Google Cloudと、自社サービスであるBehanceとStock向けXDプラグインの開発に向けた協力を開始している。

 Adobe XDとサードパーティ製ツールの連携では、Microsoft TeamsとSlack向けに、Creative Cloudのアセットをより忠実にプレビュー表示する機能と、Adobe XDプロトタイプにコメントが追加された際に通知する機能が提供されているほか、Jira Software Cloudを利用する開発者向けにAdobe XDの共有プロトタイプとデザインスペックの情報へのアクセスを容易にし、デザイナーから開発者へのデザイン仕様の受け渡しプロセスをよりスムーズにする機能を、2018年後半に提供する。

 このほかAdobeは同日、クリエイティブイノベーションを促進する基金「Adobe Fund for Design」の最初の対象者を発表している。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5