Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

オープンソースのメッセージキューイングシステム「Apache Pulsar」、ASFのトップレベルプロジェクトに認定

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/10/17 14:36

 ヤフーは、同社が主要開発メンバーとして参画している、オープンソースのメッセージキューイングシステム「Apache Pulsar」が、オープンソースソフトウェアコミュニティ支援団体・The Apache Software Foundation(ASF)のトップレベルプロジェクトに認定されたことを、10月16日に発表した。

 「Apache Pulsar」は、2016年9月にオープンソースソフトウェアとして公開された、異なるアプリケーション間のデータ連携を一括して管理するメッセージキューイングシステム。

 同様の機能を持つ他のソフトウェアと比較して、高速性、耐久性、マルチテナント、スケーラビリティの点で優れており、数多くのユーザーと複数のサービスを擁する企業での利用にも対応している。

 従来、「Apache Pulsar」はASF加盟の初期段階である「Apache Incubator」として、機能向上とコミュニティ拡大を行ってきたが、9月26日(現地時間)付でトップレベルプロジェクトに昇格した。

 なお「Apache Pulsar」は、InfoWorldが発表した2018年のデータストレージおよび分析領域のベストOSSアワードにも選ばれている。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5