CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Windows電卓の中はどうなっているのだろう?(前編)
~オープンソースのコードを見てみよう

UWPアプリ開発の最前線 第13回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/07/26 11:00

目次

ApplicationViewModelクラス

 MainPageクラスのコンストラクターでインスタンス化されるApplicationViewModelクラスの実装は、CalcViewModelプロジェクトにあります。名前が示すように、これがMVVMパターンのView Modelにあたります。いわば、抽象化したUIです。

 電卓アプリのView Modelは一つではありません。画面が複数のパーツに分けて作られていて、View Modelも画面のパーツごとに用意されています。次の図にその概要を示します(実際には、もっと細かいパーツに分かれています)。

ViewとView Modelの関係(概要)
ViewとView Modelの関係(概要)

 さて、前述したように、MainPageクラスが表示されるときにApplicationViewModelクラスのInitializeメソッドを呼び出します。Initializeメソッドは、引数に指定された表示モードを自分自身のModeプロパティにセットします(次の画像、行番号81)。

ApplicationViewModelクラスのInitializeメソッド
ApplicationViewModelクラスのInitializeメソッド(ApplicationViewModel.cpp

 Modeプロパティのセッターでは、OnModeChangedメソッドを呼び出しています(次の画像、行番号58)。

ApplicationViewModelクラスのModeプロパティ
ApplicationViewModelクラスのModeプロパティ(ApplicationViewModel.cpp

 OnModeChangedメソッドはちょっとごちゃごちゃしていますが、ここで必要に応じて表示モードごとのView Modelを生成しています(次の画像)。例えば、指定されたモードが標準電卓ならば(行番号125、最初の赤色下線部)、StandardCalculatorViewModelクラスのインスタンスを作ります(行番号130、2番目の赤色下線部)。

ApplicationViewModelクラスのOnModeChangedメソッド
ApplicationViewModelクラスのOnModeChangedメソッド(ApplicationViewModel.cpp

 OnModeChangedメソッドを抜けると、続いてRaisePropertyChangedメソッドを呼び出します(上記Modeプロパティのセッターを参照、行番号59)。するとイベントが発火し、前述したように、MainPageクラスのOnAppPropertyChangedメソッドが呼び出されることになります。


関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:UWPアプリ開発の最前線

もっと読む

著者プロフィール

  • biac(ばいあっく)

    HONDA R&Dで自動車の設計をやっていた機械屋さんが、技術の進化スピードに魅かれてプログラマーに。以来30年ほど、より良いコードをどうやったら作れるか、模索の人生。わんくま同盟の勉強会(名古屋)で、よく喋ってたりする。 2014/10~2019/6 Microsoft MVP (Windo...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5