CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

GCPでリアルタイムデータ基盤を内製――ユーザー体験を向上させる事例の紹介

GCPを活用したリアルタイムデータ基盤の構築事例 第2回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スキマ時間で情報を収集できるスマートフォンの普及に伴い、Web上でリアルタイムに接客するニーズは高まる一方です。本連載ではその流れに対応するべく、リアルタイムなストリームデータ活用を実現する基盤(hacci:ハッチ)を内製した事例を紹介します。第1回では基盤に用いられた技術やアーキテクチャについて解説しました。第2回となる本稿ではリアルタイムデータ基盤の実際の導入事例や、今後の展望をお伝えします。

目次
※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:GCPを活用したリアルタイムデータ基盤の構築事例

著者プロフィール

  • 伊野本 憲浩(株式会社リクルートテクノロジーズ)(イノモト ノリヒロ)

     2008年リクルートに新卒入社後、一貫してシステム開発部門に所属。インフラエンジニアとしてキャリアをスタートし、アプリ開発、自社コーポレートサイトの制作、セキュリティプロジェクト等を担当。現在はデータテクノロジーラボ部で様々なデータの利活用、またそれらデータの活用基盤構築などに従事しています。

  • 佐伯 嘉康(株式会社リクルートテクノロジーズ)(サエキ ヨシヤス)

     1983年生まれ。2011年にヤフー株式会社に新卒入社。検索基盤チームでHadoopバッチ処理アプリケーション、ストリーミングデータ処理基盤を開発・運用。2015年に株式会社リクルートテクノロジーズに入社。システムアーキテクトエンジニアとして、R&D、ログデータパイプライン基盤:hacciの開発・...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5