Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

エクセルソフト、Windows用TCP/IPネットワーキングコンポーネント「SocketTools 10」発売

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/10/09 17:01

 エクセルソフトは、米Catalyst Developmentのインターネットアプリケーション開発ツール「SocketTools 10」を、10月7日に発売した。

 「SocketTools」は、Windows用のTCP/IPネットワーキングコンポーネントおよびライブラリ。.NET、ActiveX、Libraryの3種類のエディションを用意しており、ファイルのアップロードおよびダウンロード、Webサーバとのデータ交換、電子メールの送信、メールサーバからのメールのダウンロード、リモートコマンドの実行といった、アプリケーションにインターネット機能を組み込める。また、業界標準のSSL、TLS、SSHプロトコルをサポートし、アプリケーションデータの暗号化およびセキュアを保証する。

 今回発売した「SocketTools 10」では、パブリックサードパーティプロバイダの使用や、別のサービスに加入することなくアプリケーションがデータをリモートで保存および管理することが可能になったほか、ソフトウェアが実行されているコンピュータシステムの物理的な場所に関する国、都市名、使用しているサービスプロバイダ、経度、緯度、GPS座標といった情報の取得、AES 256ビット暗号化とSHA-256ハッシュパスワードを用いた暗号化および復号化キーの生成、Windows 10/Windows Server 2019におけるTLS 1.3のサポート、Windows 10 Build 1903、Windows Server 2019、Visual Studio 2019のサポートが追加された。

 対応OSは、Windows XP SP3以降で、推奨開発環境はWindows 10およびVisual Studio 2017以降。

 税別の開発ライセンス価格は、「SocketTools .NET Edition」「SocketTools ActiveX Edition」「SocketTools Library Edition」が59300円、「SocketTools Subscription」が104300円。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5