CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「Windows Live@edu」スタート、学校関係者は無償利用が可能に

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007/04/03 11:12

Microsoftは教育機関向けに特化したWindows Liveサービスの提供する。

 Microsoftは2日、教育機関向けに特化したWindows Liveサービスの提供を開始すると発表した。

 「Windows Live@edu」は、Windows Live各種サービスを学校独自ドメインで利用できるサービスで、すでに欧米などで展開されており、現在15カ国200校以上で採用され、約400万人の学生が活用してる。

 企業のみならず学校においてもメールシステムは重要なインフラであり、各校が多くの投資を行いメールサービスを導入している。しかし膨れ上がるアカウント数やサポート等の管理、セキュリティや利便性などの面で、学校側に大きな負担がかかってしまう。

 「Windows Live@edu」は、Microsoftがインフラ管理を行うため学校側の負担が軽く済み、わずかな初期投資とインフラ投資だけでサービスを開始することができる。また、在校生、職員だけでなく卒業生も利用し続けることができるため、継続的なコミュニケーションを図ることができるという。

 利用できるWindow Liveサービスは「Windows Live Hotmail」「Windows Liveメッセンジャー」「Windows Liveスペース」「Windows Live Mobile」「Windows Live アラート」「Windows Live.com」。Windows Liveアラートでは、学校からのお知らせを配信することもできる。

参考サイト
Windows Live @ edu
Windows Live各種サービスを学校独自ドメインで無償利用できる「Windows Live @ edu」を開始
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5