CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Chromiumエンジン採用の新Microsoft Edge正式リリース、日本での自動配布は4月以降

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/01/20 16:50

 米Microsoftは、Chromiumをエンジンとする新たなMicrosoft Edgeの正式版を、1月15日に公開した。WindowsとmacOSに対応している。

 新しいMicrosoft Edgeは、パフォーマンスを大幅に向上するとともに、デフォルトで有効になっているトラッキング防止機能など、プライバシー保護にも力が入れられている。

 企業向けの機能としては、Azure Active Directoryに準拠したアクセス管理や、Internet ExplorerエンジンでWebページを閲覧できる「Internet Explorerモード」、あらゆる検索機能が統合されネットワーク上のファイルや人などの検索も可能な「Microsoft Search」などを用意する。

 なお、新しいMicrosoft Edgeは日本語を含む90以上の言語に対応しているが、Windows Updateによる自動配布は4月1日以降に順次開始される。

 この措置は、確定申告の時期を控え、混乱を防ぐことを目的としたもので、1月16日の時点で国税庁のe-Taxサイトには、いくつかのサービスが新しいMicrosoft Edgeでは利用できないことが報告されている。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5