CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「Docker Desktop 2.2」がリリース、WSL 2が利用可能なプレビュー版も

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/01/22 17:20

 米Dockerは、Docker Desktopの最新版となる「Docker Desktop 2.2」を、1月21日(現地時間)にリリースした。

 「Docker Desktop 2.2」では、これまでSambaに依存していたDocker上で動作するLinuxファイルシステムとWindowsファイルシステムの相互管理をgRPC FUSEに置き換えている。

 gRPC FUSEへの置き換えによって、キャッシュを利用してページ読み込み時間を短縮するとともに、Linux inotifyイベントをサポートし、ソースコードが変更されたときに自動再コンパイル/リロードのトリガーが可能になったほか、Windows認証とは切り離して利用できるようになった。また、VPNの接続/切断にかかわらず利用可能で、管理者として実行されるコード量を削減している。

 さらに、ローカルで実行中のコンテナと、Composeアプリケーションを管理できるインタラクティブなダッシュボードUIが採用された。WindowsとmacOSで共通のインターフェースを実現する、新たなデスクトップダッシュボードの採用を2020年中に予定している。

 ほかにも、2019年7月にテクニカルプレビューがリリースされた、「Docker Desktop for WSL 2」の機能を利用可能な、Windows向けのプレビュー版も用意している。

ブログポストより

ブログポストより

 プレビュー版では、「Docker Desktop for WSL 2」によってバックエンドでのKubernetesの使用や、WSL 2のみの使用/WSL 2を使用しながらHyper Vを停止、5秒未満でのDocker Desktopの起動、Linuxワークスペースの使用などを実現した。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5